中日・根尾らをプロで追い抜く? 大学・社会人に進んだ“ミレニアム世代”の現在地

2021/04/16 17:00

 ここ数年の高校野球で最も盛り上がりを見せた年となると、やはり2017年ではないだろうか。根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)などを擁する大阪桐蔭が史上初となる2度目の甲子園春夏連覇を達成。また夏は吉田輝星(日本ハム)が獅子奮迅の活躍を見せた、いわゆる“金農(かなのう)フィーバー”もあった。そんな彼らは秋のドラフトで1位指名を受け、現在は一軍定着に向けて奮闘しているところだが、同世代にはプロを選ばずに進学、社会人入りを選択した有望選手も少なくない。そんな2000年生まれのアマチュア選手について、ピックアップして紹介したいと思う。

あわせて読みたい

  • プロでの共演に期待! 大学・社会人に進んだ「根尾世代」で頭角現す選手たち

    プロでの共演に期待! 大学・社会人に進んだ「根尾世代」で頭角現す選手たち

    dot.

    4/27

    上位指名でプロ入りも?  明治神宮大会で光った大学生の「ドラフト候補」たち

    上位指名でプロ入りも? 明治神宮大会で光った大学生の「ドラフト候補」たち

    dot.

    11/28

  • 数年後のドラフト候補に…プロに進まなかった“根尾世代”の現在地

    数年後のドラフト候補に…プロに進まなかった“根尾世代”の現在地

    dot.

    7/16

    なぜ「甲子園優勝投手」はプロで活躍できるようになったのか

    なぜ「甲子園優勝投手」はプロで活躍できるようになったのか

    dot.

    2/2

  • どこよりも早い「ドラフト2022」  “二刀流”可能な逸材も!超目玉は誰だ?

    どこよりも早い「ドラフト2022」  “二刀流”可能な逸材も!超目玉は誰だ?

    dot.

    10/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す