喋り過ぎて自己嫌悪に陥るという52歳女性に鴻上尚史が指南した「喋り」の極意 (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

喋り過ぎて自己嫌悪に陥るという52歳女性に鴻上尚史が指南した「喋り」の極意

連載「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」

 一度喋りだすと止まらず、一日の終わりに自己嫌悪に陥るという52歳女性。最近は自分から友人に連絡を取るのも怖くなったという相談者に、鴻上尚史が喋るのを止めなくてよいと伝えた理由とは。

【相談101】私の悩みは、喋り過ぎること。一度喋り出すと止まりません(52歳 女性 むくみ)

 はじめまして。いつも拝読させていただいております。

 長年悩んでいることがあり、投稿させていただきました。

 私の悩みは、喋り過ぎることです。家族にも、友人にも、職場の人にも、美容院や整体院などでも、気が付けばずっと喋ってしまいます。

 朝、家を出るときに「今日は喋らないでおこう」と決意するのですが、一度喋り出すとダメで、止まりません。

 自分でも、そろそろ話を切り上げようと思っても、どこで切っていいかわからなくなるほどで、相手がうんざりしているのもわかります。

 テレビで、明石家さんまさんが、ゲストの会話を遮って自分の話にしてしまいますが、私も同じタイプです。人の話を聞いていると、関連したエピソードが次々思い出されてしまうのです。

 子供のころは、塾の先生から「お喋りが多い」とよく注意されました。社会人になってからも、恥ずかしながら新人時代に上司から「私語が多い」と注意を受けたことが数回あります。さすがにこの年齢になった今は、仕事中は黙っていますが、帰宅後に家で独り言を言っている自分がいて、ゾッとします。

 話す内容は、他愛もないことから、生き方や働き方など、真面目な内容まで様々です。普段から頭の中がいっぱいになるほど、物を考えていて、誰かに聞いて欲しい、共感して欲しいという欲が強いのではないかと思います。

 母方の親族が全員よく喋るので、血もあるかと思います。また、親族たちは私以上に人の話をほとんど聞きません。もしかして、自分にしか興味がない一族なのかもしれないと、怖いです。

 実は夫もよく喋る人で、会話の奪い合いのようになり、夫と話すと疲れます。それでも、喋る自分を抑えられません。

 一番辛いのは、一日の終わりに「ああ、今日も喋り過ぎてしまった……」と自己嫌悪に陥る時間です。

 友人は多い方ですが、最近は怖くて自分から友人に連絡できなくなりました。

 鴻上さん、どうしたら頭の中にある考えを3割程度に抑え、人と上手に会話のキャッチボールができるようになるでしょうか。アドバイスをいただけますと、幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい