以前の想い人が夢に…結婚をためらう25歳女性に鴻上尚史が伝えた「結婚と引き換えに失われるもの」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

以前の想い人が夢に…結婚をためらう25歳女性に鴻上尚史が伝えた「結婚と引き換えに失われるもの」

連載「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」

dot.#読書#鴻上尚史

 入籍を控えているのに以前の想い人が夢に出てくると困惑する25歳女性。このまま結婚していいのかとためらう25歳女性に、鴻上尚史が諭した「結婚と引き換えに失われるもの」とは?

【相談98】今年入籍を控えているのに、以前想いを寄せていた人が夢に出てきます(25歳 女性 すえつむはな)

 今年入籍を控えております。25歳の女です。

 婚約者はまじめに仕事をして、思いやりがあり、私には勿体無いくらい「出来た人」です。

 もう3年付き合っていて、ここ1年は一緒に暮らしており、家族になることはとても幸せなことだと思っています。

 ただ、入籍が決まった頃から、ときどきある夢を見るようになりました。

 その夢が引っかかり、本当に結婚していいのかと考えています。

 その夢とは、学生時代、今の婚約者と付き合うまで私が想いを寄せていた人の登場する夢です。

 その彼(仮にここではKさんとします)と、とても穏やかな気持ちで話している夢を、2~3カ月に1回見るのです。Kさんとは、婚約者と出会う前からアルバイト仲間でした。数年単位で想いを寄せていたものの、当時自分の容姿に自信がなく、さらにKさんは色恋沙汰全般に興味がないことを公言しており、告白してギクシャクするよりは……と、特別なアプローチは一切せずにいました。

 仲のいいバイトの同僚、2人でバイト終わりにラーメンは食べに行くけど、わざわざ休日に待ち合わせてカフェには行かない。そんな絶妙なつかず離れずの関係をKさんと続けることに疲れてしまったとき、今の婚約者からアプローチを受け、付き合うことになり、今に至ります。

 正直、婚約者と付き合った当初はKさんへの想いが捨てきれていませんでした。

 でも、婚約者と一緒に過ごす中で、たくさん愛情を注いでもらい、完全に気持ちの決着がついたと思っていました。

 それもあって、入籍の決意をしたのです。

 なのに夢を見るということは、実はまだKさんを捨てきれない想いがあるんではないかと思ってしまいます。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい