「何だその態度は!」 監督の逆鱗に触れ“重い懲罰”を受けた選手たち

2021/01/23 16:00

 監督と衝突して2軍で干され、一度は現役引退を覚悟しながら、新天地で不死鳥のように復活を遂げたのが、山崎武司だ。

あわせて読みたい

  • 「巨人は面白い野球するね」の皮肉で開戦… 伊原春樹vs野村克也の“火花散る舌戦”

    「巨人は面白い野球するね」の皮肉で開戦… 伊原春樹vs野村克也の“火花散る舌戦”

    dot.

    6/27

    いきなりプロで大活躍も、その後は低迷…1年目が一番凄かった選手といえば?

    いきなりプロで大活躍も、その後は低迷…1年目が一番凄かった選手といえば?

    dot.

    5/2

  • ここ20年で最も監督を輩出した球団は? 顔ぶれで見えてくる“名将のDNA”

    ここ20年で最も監督を輩出した球団は? 顔ぶれで見えてくる“名将のDNA”

    dot.

    3/9

    古田敦也、宮本慎也、立浪和義、高橋由伸に監督待望論が根強いワケ

    古田敦也、宮本慎也、立浪和義、高橋由伸に監督待望論が根強いワケ

    週刊朝日

    3/20

  • ノリ懲罰降格→Facebookで弁明して目下、炎上中

    ノリ懲罰降格→Facebookで弁明して目下、炎上中

    BOOKSTAND

    5/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す