『鬼滅の刃』我妻善逸の“兄貴分”だった鬼「獪岳」 鬼になりきれなかった少年の「悲しき自我」

2021/01/09 11:32

 時代に名を残す大ヒットとなった『鬼滅の刃』。その作り上げられたキャラクターたちに、子どもも大人も感情移入してしまう。自分と重ね合わせてしまう人も少なくないはずだ。キャラのセリフや言動から自分とは何か、人間とは何かを考える――『鬼滅の刃』はそれができる稀有な作品だろう。ここでは、人気キャラ・我妻善逸の兄弟子だった鬼「獪岳」のエピソードから、『鬼滅の刃』の教訓性について考えたい。
(※以下の記事には、『鬼滅の刃』コミックス既刊分のネタバレが含まれます。) 

あわせて読みたい

  • 【写真】『鬼滅の刃』で大ブレイクした人は文句なしでこの人!

    【写真】『鬼滅の刃』で大ブレイクした人は文句なしでこの人!

    Billboard JAPAN

    12/23

    【写真】まさかのネタバレ?「鬼滅」新聞広告「全17枚」はこちら!

    【写真】まさかのネタバレ?「鬼滅」新聞広告「全17枚」はこちら!

    12/10

  • 『鬼滅の刃』の鬼「童磨」が“同情できない鬼”なのに人気なワケ

    『鬼滅の刃』の鬼「童磨」が“同情できない鬼”なのに人気なワケ

    dot.

    1/3

    甘露寺蜜璃と胡蝶しのぶ 『鬼滅の刃』で2人の「女神(ミューズ)」が必要だった意味

    甘露寺蜜璃と胡蝶しのぶ 『鬼滅の刃』で2人の「女神(ミューズ)」が必要だった意味

    dot.

    12/26

  • 『鬼滅の刃』の鬼「猗窩座」のセリフから読み解く「悪役の美学」

    『鬼滅の刃』の鬼「猗窩座」のセリフから読み解く「悪役の美学」

    dot.

    12/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す