ママYouTuber「石橋貴明、本田翼、レペゼン地球…2020年のYouTubeを総括」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ママYouTuber「石橋貴明、本田翼、レペゼン地球…2020年のYouTubeを総括」

連載「ママYouTuberなーちゃんの三足わらじ生活」

dot.
なーちゃん/1989年生まれ。二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男のこうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。

なーちゃん/1989年生まれ。二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男のこうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。

 先週、アメリカの経済誌フォーブスが「2020年の最も稼いだYouTuber番付」を発表しました。「Ryan’s World」という子供向けのチャンネルが3年連続で1位です。意外かもしれませんが、YouTubeで最も再生回数が伸びやすいジャンルは、子供向けコンテンツと歌なのです。

 彼のチャンネルは推定年収30億円と発表されていますが、これはかなり低い見積もりで、実際はそれ以上の金額を稼いでいるはずです。世界でトップクラスのYouTuberになると、グッズやアプリなどで数千億円の売り上げがあります。そのライセンス料は、どう見積もっても年間30億円よりもずっと高いと思われます。YouTubeで再生される動画の広告収益だけでなく、物販やイベントに展開して爆発的な売り上げをあげるYouTuberは多数います。今回は、2020年のYouTuberの総括とYouTubeの今後の流れを予想します。

 まず、芸能人によるYouTubeの健闘です。石橋貴明さんのチャンネルは大成功しました。テレビ的な企画や動画をYouTubeにもってきたのが斬新です。マッコイ斉藤さんが非常に才能があり、プロデューサーやディレクターとして群を抜いて優れているから成し得ました。江頭2:50さんも、素晴らしい功績をだしています。今後もっと企画が安定していくと、盤石な地位を築くと思います。いずれのチャンネルも、収益の柱を広告収益だけでなくYoutubeの外側に展開していけるとコンテンツとしてさらに強くなりますが、これはチャンネルやキャラクター、視聴者層との相性があります。宮迫博之さんと中田敦彦さんがスタートさせた「winwinwin」というトーク番組も、テレビ的なセットと動画作りです。これらの「テレビっぽい番組」をYouTubeですることは、YouTubeに新しい風を吹かせると思います。

 また、その他に芸能人のチャンネルで私が注目しているチャンネルは、仲里依紗さんと本田翼さんのチャンネルです。仲里依紗さんは女優さんですが、良い意味でYouTuberっぽい動画を配信しており、ヒットしています。本田翼さんも本数は少ないのですが、動画の作り方にこだわりがみえ、「可愛さだけで再生されている」ワケではないのがわかります。いずれも、演者の自主性が感じられる部分が強いと思います。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい