今年に負けない豪華メンバーも? ジャパンC、過去の「名勝負」最も印象深いのは…

2020/11/26 17:00

 その一方で近年は有力な外国馬の参戦がほとんどなくなり、ついに昨年は39回目にして初めて日本調教馬のみによってレースが行われるなど、国際G1としての存在感は限りなくゼロに近づいているジャパンカップ。今年も三冠馬対決という楽しみはあるものの、外国からの参戦はウェイトゥパリスのみだ。

 そうなってしまった理由はガラパゴス化とも言われる日本特有の高速馬場や、欧州の凱旋門賞からアメリカのブリーダーズカップターフ、そして12月の香港国際競争という国際的な主流ローテーションからはじかれてしまったことなど、複数の要因が考えられる。今後は開催時期の見直しなど抜本的な改革をしなければ失地回復は難しいのかもしれない。

 それはともかく、今年はコントレイル、デアリングタクト、アーモンドアイによる世紀の一戦だ。現地での観戦がかなう幸運なファンはもちろん、テレビの前で固唾をのんで見守るファンにとっても、後々まで「自分はあのジャパンカップをリアルタイムで見たんだ」と自慢できる名勝負になることを期待しよう。(文・杉山貴宏)

1 2 3

あわせて読みたい

  • 歴史的名牝も誕生…「平成の最強馬」はどれだ?<牝馬編>

    歴史的名牝も誕生…「平成の最強馬」はどれだ?<牝馬編>

    dot.

    2/23

    ディープインパクト、サイレンススズカ…「平成の最強馬」はどの馬だ?<牡馬編>

    ディープインパクト、サイレンススズカ…「平成の最強馬」はどの馬だ?<牡馬編>

    dot.

    1/20

  • 日本馬の悲願達成はあるのか…今年の凱旋門賞は「見どころ」多し

    日本馬の悲願達成はあるのか…今年の凱旋門賞は「見どころ」多し

    dot.

    7/14

    凱旋門賞、今年も日本馬の勝利は厳しい? クリンチャーを迎え撃つ強力ライバル【杉山貴宏】

    凱旋門賞、今年も日本馬の勝利は厳しい? クリンチャーを迎え撃つ強力ライバル【杉山貴宏】

    dot.

    10/1

  • 有馬記念を「連覇」した馬はこれまで何頭? 最も記憶に残るレースは…

    有馬記念を「連覇」した馬はこれまで何頭? 最も記憶に残るレースは…

    dot.

    12/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す