カンニング竹山 最近の不倫報道の扱い方が一方的意見過ぎて怖い! (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カンニング竹山 最近の不倫報道の扱い方が一方的意見過ぎて怖い!

連載「言わせてもらいますけどね!」

カンニング竹山 dot.#カンニング竹山
カンニング竹山さん(撮影/今村拓馬)

カンニング竹山さん(撮影/今村拓馬)

写真はイメージ(GettyImages)

写真はイメージ(GettyImages)

 2020年は年間を通じて芸能人や有名人不倫報道が賑やかだった。不倫報道を扱うワイドショーなででコメントを求められるお笑い芸人のカンニング竹山さんがいま感じているある「違和感」とは?

【写真】渡部の妻・佐々木希の美しすぎるショットはこちら

*   *  *
 ワイドショーでの不倫報道を扱ったときに僕は(不倫が)「いいんじゃねぇの?」みたいなことを言ったわけですよ。そうしたら「よくない!」とか「ふざけんな!」とか書き込みされているわけですよ。そういうふうにある意見に対して一気に叩いたりするじゃないですか? 反対に不倫をした人を「ダメだ!」という意見を言うと称賛される。ここでものすごく懸念しているのが「善」か「悪」かで決めつけているところ。「ダメだ」「いい」だけで決めつけることばっかりやっていると、このことのずっと先に大げさなんだけど軍国主義みたいになってしまうぞと心配しているんです。

 もちろん、不倫はいけないと思いますよ。それは、なんでいけないかと言うと、迷惑をかけたり、心が傷つく人がその登場人物の中にいるからだと思うんです。でも、ひと言で不倫と言っても、誰も心傷ついていないそういう関係性も「ある」か「ない」か、といえばあるかもしれないじゃないですか? 夫婦の関係が破綻していて、でも夫婦は戸籍上は続いていて、お互いに別のパートナーがいたりする。

 不倫している芸能人がいたとして、週刊誌などが不倫の一部だけ切り取って報じた場合でも、その夫婦や取り巻く人たちの関係性においては、誰も傷ついていない可能性もある。それは、誰もわからない。一般的に言うと、不倫があった場合、夫または妻が傷つく。でも、これって、夫婦関係の内部の調査をしてみないと、人それぞれどういうパターンなのかわからない。そういう決めつけることができない物事でさえ、ネットでは一方的な考え方で、「善」か「悪」かで決めつけ過ぎな気がしてならない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい