慰安婦裁判で敗訴した原告はなぜ「被害感情」を抱いたのか…日本的“被害者論”とは

朝日新聞出版の本

2020/11/21 08:02

 朝日新聞の報道によって、日本国民は「朝日新聞の加害行為を現在進行形で受けている」と原告らが訴えた裁判。慰安婦問題の本質と何だったのか――。

あわせて読みたい

  • 朝日新聞記者が総括する「慰安婦報道」 彼らは何を間違えたのか?

    朝日新聞記者が総括する「慰安婦報道」 彼らは何を間違えたのか?

    dot.

    8/25

    韓国慰安婦訴訟の2判決の結論が正反対 裁判を拒否した日本

    韓国慰安婦訴訟の2判決の結論が正反対 裁判を拒否した日本

    dot.

    4/26

  • なぜ慰安婦問題は今でも「強制連行」の有無が論点になるのか? 朝日新聞記者が丹念にたどった論争のゆくえ

    なぜ慰安婦問題は今でも「強制連行」の有無が論点になるのか? 朝日新聞記者が丹念にたどった論争のゆくえ

    dot.

    10/2

    9月号朝日新聞編集委員 北野隆一 Kitano Ryuichi積み残された問題をたどり、顛末を見届ける

    9月号朝日新聞編集委員 北野隆一 Kitano Ryuichi積み残された問題をたどり、顛末を見届ける

    9/1

  • 慰安婦報道関連裁判で敗訴した元朝日新聞記者の植村隆氏は、それでもなぜ「裁判内容では勝った」と主張したのか?

    慰安婦報道関連裁判で敗訴した元朝日新聞記者の植村隆氏は、それでもなぜ「裁判内容では勝った」と主張したのか?

    dot.

    2/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す