高橋源一郎が「教科書」を作った理由

朝日新聞出版の本

2020/11/13 17:00

 作家の高橋源一郎さんの新著『たのしい知識 ぼくらの天皇(憲法)・汝の隣人・コロナの時代』(朝日新書)は、高橋さんが開こうとしている私塾の「教科書」なのだという。学校嫌いの高橋さんが考える「知」や「先生」の役割とは? 高橋さんにお話を伺った。

あわせて読みたい

  • 高橋源一郎の初“児童文学”はもう一つの『「君たちはどう生きるか』だ

    高橋源一郎の初“児童文学”はもう一つの『「君たちはどう生きるか』だ

    dot.

    7/14

    高橋源一郎 拘置所で3カ国語を独学した過去

    高橋源一郎 拘置所で3カ国語を独学した過去

    週刊朝日

    2/8

  • “ジャケ買い”した高橋源一郎で知った思考する快感

    “ジャケ買い”した高橋源一郎で知った思考する快感

    AERA

    8/7

    作家・高橋源一郎が見つめてきた、3.11以降の日本社会と民主主義

    作家・高橋源一郎が見つめてきた、3.11以降の日本社会と民主主義

    dot.

    7/12

  • 作家、高橋源一郎氏の現代語訳「教育勅語」が話題!!

    作家、高橋源一郎氏の現代語訳「教育勅語」が話題!!

    週刊朝日

    4/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す