BUCK-TICK以外でも…有名ミュージシャンの「ネオ2世」芸能界で席巻する理由 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BUCK-TICK以外でも…有名ミュージシャンの「ネオ2世」芸能界で席巻する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
今市新之助dot.
BUCK-TICのボーカル・櫻井敦司(左)と息子で芥川賞作家の遠野遥(C)朝日新聞社

BUCK-TICのボーカル・櫻井敦司(左)と息子で芥川賞作家の遠野遥(C)朝日新聞社

 7月に第163回芥川賞に決まった小説『破局』の著者・遠野遥(29)が、実は有名ロックバンドBUCK-TICKのボーカル・櫻井敦司の息子だったことがわかり、大きな話題となった。10月7日に発売された雑誌「文藝」(2020年冬季号)で親子対談が行われ、ここで遠野が櫻井の息子であることが初めて明かされ、広く知られることになったのだ。

【俳優としてすでに大ブレーク中の2世は…】

「遠野さんはジリ貧状態にある文芸雑誌の中、いくつものヒット企画を手掛ける『文藝』の編集長が直接、担当しており、その才能が見込まれていました。今回、櫻井さんと親子であることがわかり、ファンや一般の方たちからも驚きを持って迎えられ、掲載号は重版がかかるほどの反響でした。小学生の頃から父の音楽を聞いていたという遠野さんは、BUCK-TICKのことを『ダークな世界観が確立されているバンドだなと思った』と評していたのが印象的でした」(出版社の文藝担当編集者)

 遠野の場合、作家デビュー時に公表していたわけではなく、ほとんどの人は知らなかったであろう。しかし実は今、昭和・平成の売れっ子ミュージシャンの2世が続々と芸能界でデビューをし、各所で話題となっているのだ。

「歌手・UAと俳優の村上淳の息子・村上虹郎さんは俳優としてすでに大ブレーク中ですよね。それから人気バンド・THE BOOM宮沢和史の息子の宮沢氷魚もモデルから俳優にデビューし、知名度もあがってきています。他でも例えば、尾崎豊の息子・尾崎裕哉は早逝した父と同じミュージシャンとして2004年にデビュー。あまりに声や佇まいがそっくりなので話題になりました。今年に入って所属レーベルを移し、地に足のついた活動を続けています。それから“歌手”の息子という目でみれば、山口百恵の長男・三浦祐太朗もシンガーとして活動中。ルックスはどちらかといえば俳優の父・三浦友和さんよりですけどね、森進一さんの息子のTakaと弟のHiroも、ジャニーズ事務所を退所してそれぞれONE OK ROCK、My First Storyというバンドで世界でも活躍しています」(大手レコード会社の関係者)
 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい