巨人ら狙う佐藤輝明は本当に「即戦力」? 素材型なら他にも…確実性を望むなら… (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人ら狙う佐藤輝明は本当に「即戦力」? 素材型なら他にも…確実性を望むなら…

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
今年のドラフトで大きな注目を集めている近畿大・佐藤輝明 (c)朝日新聞社

今年のドラフトで大きな注目を集めている近畿大・佐藤輝明 (c)朝日新聞社

 いよいよ明日に迫ったプロ野球ドラフト会議。事前報道などを見てみると、ここへ来て一番人気になる可能性も出てきたのが佐藤輝明(近畿大)だ。8月末に巨人が編成会議で『即戦力』の『パンチ力』のある、『外野手』を最優先で狙うということを明言し、それに当てはまるのが佐藤ではないかということになったのが情報戦のスタートだった。

【写真】巨人にドラフト1位で入団も25歳で引退した投手はこの人

 この一報が出てから佐藤の人気は高まり、ソフトバンクとオリックスが1位指名を公言し、巨人も25日に1位指名を表明。阪神、西武も佐藤1位をにおわせており、全て入札となれば5球団競合となる。もし実現すれば大学生野手では岡田彰布(1979年阪神1位)の6球団に次ぐ記録だ。しかし、佐藤のここまでのプレーぶりを見る限り『即戦力』として考えるのは大いに疑問が残る。

 4年春のシーズンが中止になったのにもかかわらず、関西学生野球でリーグ新記録となる14本塁打を放った長打力は確かに素晴らしいものがあり、過去に打率3割以上を3度記録しているが、マークが厳しくなった昨年秋の打率は.188でこの秋も.257と決して高いとは言えない。三振の多さも気になるところだ。

 分かりやすい実績と飛距離に加えて、足や肩などの運動能力もあることが評価の高さに繋がったと考えられるが、どちらかと言えば『未完の大器』に分類される選手である。確実性を身につけて柳田悠岐(ソフトバンク)のようになれるのか、それともホームランは出ても確実性が著しく乏しいランス(元広島)のような選手になるのか、球団や指導者によって左右される危うさを秘めていることは間違いないだろう。

 ただそんな危うさを秘めていても、化けたら面白いというスケールの大きい選手に魅力を感じることもまた事実である。今年の候補の中では投手であればシャピロ・マシュー・一郎(国学院栃木)、嘉手苅浩太(日本航空石川)、内星龍(履正社)、河村説人(星槎道都大)、佐藤蓮(上武大)、石田駿(BCリーグ・栃木)などがそのタイプに当てはまる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい