日本人選手はあ然? 助っ人同士が繰り広げた「大喧嘩」列伝

2020/10/10 16:00

 この騒ぎで試合は5分中断し、ズレータはシーズン最多の3度目、セラフィニも7月19日の近鉄戦以来、2度目の退場となった。そして、止めに入ったベニーも負傷退場するオマケも。チームの二冠王の退場が響き、ロッテは2対5で敗れた。

 バレンタイン監督は「ぶつけてもいないこっちも退場になるなんて。同じジャッジでいいのか?今日のことは容認しがたい」と敗戦の悔しさも手伝って、喧嘩両成敗に怒り心頭だった。

 ホームランを打った側、打たれた側が、罵り合いをきっかけに大立ち回りを演じたのが、14年4月16日の巨人vsヤクルト(神宮)だ。

 9回に8対7と逆転した巨人はその裏、守護神・マシソンをマウンドに送った。マシソンは簡単に2死を取ったが、勝利まであと1人という場面で、大きな落とし穴が待ち受けていた。

 次打者・バレンティンに対し、2ボールから3球目の変化球はストライク。見送ったバレンティンはニヤリと笑う。

 この態度を挑発と受け止めたのか、マシソンがムキになって4球目を投げ込むと、バレンティンは「待ってました!」とばかりにフルスイング。打球は起死回生の同点ソロとなって左翼席に吸い込まれていった。

 得意満面で味方ベンチに向かってガッツポーズしたバレンティンがマウンドに向き直ると、マシソンは悔しまぎれに罵声を浴びせた。

 バレンティンも一塁に走りながら、左手を振り上げながら罵り返す。罵り合いはヒートアップし、ダイヤモンドを1周してホームインしたバレンティンは、「もう我慢ならねえ!」とばかりにマウンド目がけて突進する。たちまち両軍ナインが入り乱れて押すな押すなの大騒ぎ。当事者の2人はすぐさま引き離され、大事に至らず幕切れとなった。

 試合後、バレンティンは「自分は間違ったことはしていないつもり。白熱した試合でうれしさを表現したつもりだったが、向こうは気に食わなかったのだろう。ホームランを打たれて、イライラしているように見えた」と説明した。

NEXT

バレンティンは同僚の助っ人とも…

1 2 3

あわせて読みたい

  • 捕手が次々に病院送り…魔のスイングで犠牲者続出【プロ野球B級ニュース事件簿】

    捕手が次々に病院送り…魔のスイングで犠牲者続出【プロ野球B級ニュース事件簿】

    dot.

    1/31

    調整の場なのに乱闘に退場…「オープン戦で論外」と審判も呆れた春の珍事

    調整の場なのに乱闘に退場…「オープン戦で論外」と審判も呆れた春の珍事

    dot.

    3/6

  • グラウンドで起こった恐怖の“暴力事件”  刑事事件に発展する事例も…

    グラウンドで起こった恐怖の“暴力事件”  刑事事件に発展する事例も…

    dot.

    6/1

    阪神マートンvsヤクルト捕手の“仁義なき戦い” 今はなき本塁上での激闘の記憶

    阪神マートンvsヤクルト捕手の“仁義なき戦い” 今はなき本塁上での激闘の記憶

    dot.

    5/23

  • 常に一触即発! 昔の巨人vsヤクルト戦の“バチバチ感”が凄い

    常に一触即発! 昔の巨人vsヤクルト戦の“バチバチ感”が凄い

    dot.

    7/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す