家族に匿名ブログとSNSを禁止された50歳男性医師に、鴻上尚史が明かした「炎上しても自分がSNSとネットでの記事公開をやめない」理由 (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

家族に匿名ブログとSNSを禁止された50歳男性医師に、鴻上尚史が明かした「炎上しても自分がSNSとネットでの記事公開をやめない」理由

連載「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#読書#鴻上尚史

 家族に匿名のブログとSNS禁止を言い渡され、人生のやる気まで失ってしまったと落ち込む50歳の男性医師。藁にもすがる思いで投稿したという相談者に鴻上尚史が差し出した、「匿名ブログを続けるための3つのルール」とは?

【相談81】家族に匿名のブログとSNS禁止を言い渡されてしまいました(50歳 男性 はな丸)

 はじめまして。鴻上尚史さんの回答をいつも楽しく読ませてもらっています。本も2冊とも買わせていただきました。私は50歳男性医師です。アメリカに留学して研究し、自分としてはかなり頑張って大学病院で仕事をしました。その後、家族の事情(病気)があり、約10年前に開業しました。こちらもかなり頑張っており、経営も順調でした。しかしコロナで急に経営が厳しくなりました。それに加えて家族に匿名のブログとSNS禁止を言い渡されてしまいました。私は日本の医療制度に対する不備や不満を匿名のブログやSNSに投稿してましたが、妻も子も「匿名でも、もし身元が分かったら大変なことになる」「炎上したら病院も特定される」と大激怒でした。そこで私はブログもSNSもやめたのですが、ぽっかり心に穴があいたようで、まるで力が入りません。今までは、医師になる、研究する、経営する、と目標を一つずつ達成してきました。しかし今では、他に趣味もなく、人生の目標もありません。毎日、ため息ばかりついてます。コロナで経営が厳しく、いろいろ頑張らないといけない時期なんですが、もうひと踏ん張りできない気持ちです。人生の目標とか目的がなく、惰性で毎日が過ぎていく感じがします。

 (1)SNSやブログ以外の自己表現について
 (2)50歳からの人生の目標や目的について

 鴻上尚史さんに何か打開策があればと思い、藁にもすがる思いでこの2つをお聞きしたいと思います。よろしくお願いいたします。

【鴻上さんの答え】
 はな丸さん。そうですか、奥さんと子供さんにブログとSNSを止められてしまいましたか。

 それで「ぽっかり心に穴があいたようで、まるで力が入りません」ということは、SNSやブログが生きがいだったのですね。

 はな丸さんは医者として、「日本の医療制度に対する不備や不満」を書いていたんですね。それは、やむにやまれぬ気持ちで、言いたくてたまらないから書いたんじゃないでしょうか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい