米倉涼子、岡田結実、剛力彩芽まで… タレント大量流出の「オスカー」で今何が起こっているのか (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

米倉涼子、岡田結実、剛力彩芽まで… タレント大量流出の「オスカー」で今何が起こっているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
伊藤茂dot.
左から米倉涼子、剛力彩芽(C)朝日新聞社

左から米倉涼子、剛力彩芽(C)朝日新聞社

“美の総合商社”とも称される「オスカープロモーション」が激震に見舞われている。

 今年に入って、約27年間在籍した看板女優・米倉涼子(45)をはじめ、岡田結実(20)やヨンア(34)、長谷川潤(34)、忽那汐里(27)などの所属タレントが続々と退社した。さらに、ここにきて堀田茜(27)、福田沙紀(29)、紫吹淳(51)、そして剛力彩芽(28)までも退社が報じられたのだ。

【写真】オスカーの行く末を左右すると言われる人気女優はこの人

 オスカーといえば、2年ほど前から創業者で現会長の古賀誠一氏の娘婿の役員による社員へのパワハラ疑惑が「週刊文春」などで伝えられていた。それにより、多くの社員が同社を離れていったとされる。

「パワハラの真偽は別として、週刊文春が記事を報じる以前から、オスカーから短期間に数多くの社員が退社していることは業界内でも知られていました。芸能界は業界内転職が多い業種ですし、実際に元社員の中には他の芸能事務所やレコード会社、広告代理店などに移籍した人も多いので、週刊誌などで取り上げられるのも時間の問題でした」(民放の情報番組スタッフ)

 その後、スタッフのみならず所属タレントも相次いで退社してしまっているわけだが、そんな中でも業界に大きな衝撃を与えたのが米倉の独立だったという。

「米倉さんは事務所の看板女優、稼ぎ頭というだけでなく、現会長の古賀誠一さんと固い絆で結ばれていました。米倉さんは一介のモデルだった自分をトップ女優に育ててくれた古賀さんに恩義を感じていたことから、長年にわたってハードスケジュールをこなし、私生活よりも仕事優先をして事務所に貢献してきました。一方の古賀さんも米倉さんを日本を代表する女優に育てようと、仕事選びからマスコミ対策に至るまでかなり力を入れていました」(スポーツ紙デスク)

「ドクターX~外科医・大門未知子~」など、同社所属時の米倉の主演ドラマには“企画協力”などの形で古賀氏個人の名前がクレジットされていたが、それも2人の強固な関係の表れだろう。米倉が退社した今年3月末は、古賀氏が社長から会長となるタイミングだったので「古賀氏が社長から離れたことが原因か」ともささやかれた。だが、前出のスポーツ紙デスクは予想外だったという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい