鉄道VS路線バス競合ひしめく千葉駅 房総への路線バスの今昔物語

鉄道

2020/09/15 09:00

 千葉駅は行政や商業の中心地などとして発展するとともに、房総各地への玄関としても重要な役割を担ってきた。JRと京成、千葉都市モノレールの鉄道各地線のほか路線バスとも多数乗り入れているが、京成千葉線の終点・千葉中央駅は古くからバスターミナルとの併設し、鉄道との競合路線の拠点となっていた。

あわせて読みたい

  • 幻の3番線ホームがある両国駅 かつての房総行きターミナルが歩んだ百十余年

    幻の3番線ホームがある両国駅 かつての房総行きターミナルが歩んだ百十余年

    dot.

    9/16

    鉄道他社の乗り入れ列車 便利になる一方でデメリットも? 

    鉄道他社の乗り入れ列車 便利になる一方でデメリットも? 

    dot.

    9/7

  • まるで”悲劇のヒロイン”な京成押上線 創業本家路線からローカル線に転落、そしていまや…

    まるで”悲劇のヒロイン”な京成押上線 創業本家路線からローカル線に転落、そしていまや…

    dot.

    3/28

    特急より速いのが超特急は昭和時代の話! 特急よりも上の私鉄の看板列車たち

    特急より速いのが超特急は昭和時代の話! 特急よりも上の私鉄の看板列車たち

    dot.

    8/4

  • 大晦日の終夜運転…押さえておきたい運行情報【首都圏版】

    大晦日の終夜運転…押さえておきたい運行情報【首都圏版】

    dot.

    12/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す