スポーツ選手ならではの障害は? 繰り返し動作で起きる炎症や骨折を医師が解説

スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座

ヘルス

2020/08/10 07:00

 競技スポーツを長い間続けていると、その種目に特定のスポーツ障害が起こることがあります。基本動作であるジャンプやランニングの繰り返しが、ひざや足の障害を引き起こす原因になる場合もあります。その代表例として、「ジャンパーひざ」「シンスプリント」「ジョーンズ骨折」の三つについて、日本スポーツ医学財団理事長の松本秀男医師に解説してもらいます。

あわせて読みたい

  • 「成長痛」は放置してはいけない! スポーツのやり過ぎで軟骨に障害の恐れ
    筆者の顔写真

    松本秀男

    「成長痛」は放置してはいけない! スポーツのやり過ぎで軟骨に障害の恐れ

    dot.

    8/24

    中学・高校生がスポーツ障害で手術するのはおおげさ? 親が知っておくべきことは?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    中学・高校生がスポーツ障害で手術するのはおおげさ? 親が知っておくべきことは?

    dot.

    10/12

  • 「スポーツをやめれば治る」と言うのは“やぶ医者”? スポーツ障害の専門的な治療法とは?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    「スポーツをやめれば治る」と言うのは“やぶ医者”? スポーツ障害の専門的な治療法とは?

    dot.

    11/11

    O脚が多い日本人は関節の内側がすり減ってる? 我慢してはいけないひざの痛み

    O脚が多い日本人は関節の内側がすり減ってる? 我慢してはいけないひざの痛み

    dot.

    3/6

  • 「治るまでスポーツをするな」としか言わない病院はNG 「スポーツ整形外科」のいい病院とは?

    「治るまでスポーツをするな」としか言わない病院はNG 「スポーツ整形外科」のいい病院とは?

    dot.

    5/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す