成功体験の多い人ほど「ない答え」を求めてしまう 医療では弱点に?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

病院

2020/08/07 07:00

 医療の現場では答えが出ない場面に多く遭遇します。きっとどこかに正しい解決策があると考えることは、人生において大切な考え方となりますが、医療ではときに弱点になりえます。京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師は、答えがない状況を耐え抜く力について語ります。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す