再生数13億回のママYouTuber「転換期を迎えているジャニーズ事務所」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

再生数13億回のママYouTuber「転換期を迎えているジャニーズ事務所」

連載「ママYouTuberなーちゃんの三足わらじ生活」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
なーちゃん/二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男・こうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。登録者数は221万人(2020年5月時点)を誇る。

なーちゃん/二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男・こうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。登録者数は221万人(2020年5月時点)を誇る。

 先日の手越祐也さんに続き、TOKIOの長瀬智也さんも、ジャニーズ事務所を退所しました。

 ここ5年間で、ジャニーズ事務所から、元SMAPの稲垣五郎さん、香取慎吾さん、草なぎ剛さん、中居正広さん、関ジャニ∞の渋谷すばるさん、錦戸亮さんが退所しています。他にも、トラブルや病気などの理由で有名な方々も何人か退所しています。

 昨年に亡くなられたジャニー喜多川さんは偉大な人物で、男性アイドルのプロデュースの才能にあふれた方だったと思います。とはいえ彼と同じような偉業を成し遂げるのは至難の業です。なぜなら、才能は引き継ぐことができないからです。ジャニーさんはある種の天才で、ジャニーさん以外の人物が彼と同じことをしようとしても、どうしても劣化したものとなってしまいます。そのため、ジャニーズ事務所は後継の人々で、新しい試みを続ける必要があると思います。

 ジャニーズ事務所から、多くの方々が退所するのも、企業にとっては一種の代謝ともいえます。新しい経営陣や新しい試みをする中で、離れていく方々もいます。円満な退所やトラブルの末の退所など、会社を去る人々には様々な事情がありますが、人が入れ替わるのは良いことです。どの業界でも仕事でも、変化を続けなければ生き残れません。YouTubeもサービス開始から15年がたっています。人気のYouTuberとして何年も残る方々は進化を続けています。

 実は、人気になることよりも人気を維持する方が難しいのがYouTubeです。突発的なヒットや一時的な人気となるYouTuberはいますが、何年も人気で居続けるYouTuberはごく一部です。一発屋で終わる人と継続して人気者で居続けるYouTuberの違いは、時代や視聴者の趣向に合わせて、動画や企画やキャラクターを変化させているかどうかです。一度人気になったからといって、そのままのことをやり続けていても、視聴者に飽きられ、チャンネルは衰退してしまいます。新しい試み、新しいことを取り入れる必要があります。

 わかりやすい例として、皆さんもご存知のヒカキンさんを挙げます。彼は2006年にYouTubeでチャンネルを開設し、2010年にヒット動画を出してから、今でもずっと人気者のまま活躍しています。彼が「マリオの曲のビートボックスをする青年」という一発屋で終わらずに、いまでは「日本のYouTuberの代表的な存在」として君臨する理由は、時代や視聴者に合わせて動画の企画や編集やキャラクターを変化させてきたからです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい