大砲が少ない二塁手は誰? 各ポジション「最も通算ホームラン数」が多い選手は… (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大砲が少ない二塁手は誰? 各ポジション「最も通算ホームラン数」が多い選手は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
サードで最も本塁打を放っている広島の“鉄人”衣笠祥雄 (c)朝日新聞社

サードで最も本塁打を放っている広島の“鉄人”衣笠祥雄 (c)朝日新聞社

 一塁手は強打者、二塁手は何でもできる器用なバッターなど各ポジションごとにイメージがある。事実、歴代通算ホームラン王の王貞治(巨人)のポジションはファーストであり、他にも一塁手には長距離砲が多いのはご存じだろう。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 一方で大砲のイメージのないセカンドなどは「誰が最もホームランを打ったのだろうか?」とふと気になることもある。そこで今回は各ポジションごとのキャリア通算のホームラン数トップ3を調べてみた。※ポジションは現役中に最も先発出場数が多かった守備位置

*  *  *
【投手】
1位 金田正一(国鉄など):38
2位 別所毅彦(巨人など):35
3位 米田哲也(阪急など):33

1975年にパ・リーグにDH制が導入されたが、上位3人は主に制度ができる前に活躍した選手。NPB史上唯一の400勝投手である金田は打撃でも素晴らしい野球センスを発揮しており、投手にも関わらず代打起用で2本のホームランを放ったりと伝説も多い。意外なところでは、星野仙一(中日)も歴代8位となる15本のホームランを放っている。


【捕手】
1位 野村克也(南海など):657
2位 田淵幸一(阪神など):474
3位 阿部慎之助(巨人):406

ポジションの縛りがないランキングでも歴代2位の本塁打を放った野村がトップ。その後に「打てる捕手」の代表格であった田淵が続いた。昨シーズンで現役を退いた阿部も本塁打王こそないが、近年で最もホームランを打ったキャッチャーである。2006年から4年間メジャーに挑戦した城島健司(ダイエーなど)も捕手としては5位の244本を放っており、日本でプレーを続けていれば上位に食い込めた可能性は高い。


【一塁手】
1位 王貞治(巨人):868
2位 清原和博(西武など):525
3位 落合博満(中日など):510

“世界のホームラン王”が断トツ。その後に清原、落合が続いていることからも一塁手が強打者ぞろいであることはイメージ通り。他にも全ポジション合わせても歴代9位の大杉勝男(486、東映など)、同22位の大島康徳(382、中日など)、同25位の小笠原道大(378、日本ハムなど)ら球史に残る大砲がファーストには多い。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい