外国人選手にも負けない! フィジカル自慢の日本人選手で「ベストイレブン」を組んだ (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

外国人選手にも負けない! フィジカル自慢の日本人選手で「ベストイレブン」を組んだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
強靭なフィジカルを武器に世界の舞台で戦った中田英寿 (c)朝日新聞社

強靭なフィジカルを武器に世界の舞台で戦った中田英寿 (c)朝日新聞社

 サッカー選手の能力を評価する指標は様々あるが、大事な要素として「フィジカル」がある。直接的には「肉体」、「身体」の意味を持つが、サッカーにおいては「当たりに強い」、「パワーがある」、「体力がある」ということも指す。そのフィジカルに強い(強かった)日本人選手のベストイレブンを選んでみたい。

【写真】中田英寿はモテない? ドン小西がオシャレの“唯一の欠点”を指摘

 まずはGK。最後の砦としてゴールを守り、何より高さが求められるポジションだからこそ、日本代表史上最高身長のシュミット・ダニエルを選びたい。アメリカ人の父を持つハーフ選手。足元の技術も高いが、やはり197センチの高身長があってこそ。ベガルタ仙台在籍時の2018年に日本代表に初選出。現在はベルギーのシント=トロイデンに所属している。

 次は屈強さが必要なDF陣。センターバックの1人目は秋田豊を選んだ。1993年に鹿島アントラーズに加入すると、筋力トレーニングで鍛え上げた屈強な肉体を生かした激しい守備と力強いヘディングで数々のタイトルを獲得して37歳まで現役を続けた。センターバックのもう一人は中澤佑二だろう。秋田同様、決して足元の巧さはなかったが、187センチの長身と当たりの強さでそれをカバーし、特にエアバトルの強さは随一。年齢を重ねるごとに完成度を高め、日本代表でも2度のW杯を含む通算110試合に出場して計17得点を決めた。

 右サイドバックは、酒井宏樹の力強さが光る。身長183センチの体格を生かしたプレーで、日本代表だけでなく現在はフランスの名門マルセイユで確固たる地位を築いた。元日本代表監督のハリルホジッチ氏曰く「モンスター級のフィジカルを持っている」。その実力はW杯の舞台でも証明された。そして左サイドバックは、長らく日本代表のダイナモとして活躍してきた長友佑都だ。170センチながら決して当たり負けることはなく、圧倒的な運動量で左サイドを上下動。日本人でも体を鍛え上げれば、大柄な海外FWとも互角以上に渡り合えることを証明した。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい