50代突入いとうあさこ「年齢・未婚・老化」自虐ネタが痛すぎない品の良さ (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

50代突入いとうあさこ「年齢・未婚・老化」自虐ネタが痛すぎない品の良さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
50代に突入したいとうあさこ(C)朝日新聞社

50代に突入したいとうあさこ(C)朝日新聞社

「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)や「ヒルナンデス!」(同)などの人気番組で活躍する、お笑いタレント・いとうあさこ(50)。6月10日に自身のツイッターで「そんなこんなで本日50歳になりました」と誕生日を迎えたことを報告し、多くの祝福コメントが寄せられた。

【写真】いとうあさこの一歳下大久保佳代子の大学生時代の超貴重写真はこちら

 体を張った笑いや年齢や結婚をネタにする自虐トークが人気のいとう。30代後半に「R-1ぐらんぷり」で決勝進出を果たした遅咲きだが、いまやレギュラー番組を多数抱える売れっ子に。持ち前の明るさで女芸人の中でも好感度が高く、バラエティ番組に欠かせない存在となっている。

「いとうが幅広い層に好かれているのは、面白さだけでなく視聴者がシンパシーを感じる言動も多いからだと思います。例えば、以前バラエティ番組でいとうの1日に密着していたのですが、タレントなのに財布に入っていた所持金はわずか2万4000円。ATM利用手数料がかからない時間帯に10万円をおろし、約3週間で使うそうです。さらに、30枚以上のポイントカードを持ち、しっかり使い分けているのだとか。売れている芸人にもかかわらずいたって堅実で、一般人に近い金銭感覚を持っているんです。また、別の番組ではデパ地下グルメのコーナーで、自分が食べる前に共演者たちの箸を自発的に取り分けている姿がカメラに映り込んだことも。そんなさりげない気遣いは、やはり親近感を抱きますよね」(テレビ情報誌の編集者)

 いとうと言えば、アラフィフで未婚ということも知られているが、独身生活を楽しんでいそうなところも共感を集めるポイントだろう。ラジオ番組「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(文化放送、2019年11月27日放送)では、「イッテQ!」で共演するイモトアヤコが結婚した際、ネット上で「あさこさん幸せになってください」みたいな書き込みもあったと言い、これについて「一応言っておくと不幸じゃない。それだけはこの場を借りて宣言させていただきます」と語っていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい