一杯のテイクアウトにビニール袋9つ…タイの麺類と日本のラーメンの違いは料理人の沽券?<下川裕治の旅をせんとや生まれけむ>  (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一杯のテイクアウトにビニール袋9つ…タイの麺類と日本のラーメンの違いは料理人の沽券?<下川裕治の旅をせんとや生まれけむ> 

連載「旅をせんとや生まれけむ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
下川裕治dot.
これが麺類のテイクアウト一式。写真に撮ると伝えると、小袋の中身を倍にしてくれたという(撮影・Wathinee Chantharuang)

これが麺類のテイクアウト一式。写真に撮ると伝えると、小袋の中身を倍にしてくれたという(撮影・Wathinee Chantharuang)

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)
1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(週)、「沖縄の離島旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

下川裕治(しもかわ・ゆうじ) 1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(週)、「沖縄の離島旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

 タイの庶民食堂のコックは、調理人としての沽券を守るという意識が薄い。いや、ないのか。自分がつくった料理の味をどうアレンジされても気にもしない。

 客も各種の調味料がないと納得しない。ということはテイクアウトにも……。そう、調味料をすべてつけてくれる。店には専用の小袋が用意されていて、そこに1種類ずつ入れてくれる。小袋は最低でも4個。多い店は6個にもなる。店によっては、麺と具を別々のビニール袋にいれるからビニール袋が合計で9個。それを大きなビニール袋に入れるので10袋……。ビニール袋ずくめのテイクアウトである。

 加えてその袋にはぱんぱんになるほど空気を入れて、口を輪ゴムで縛る。これが昔から謎だった。袋が膨らみ、1杯の麺料理のテイクアウトはかなりかさばるからだ。食堂の店員は客が少ないとき、この小袋づくりに余念がない。なぜ、ここまで手間をかけるのだろう。

「そのほうがきれいで、おいしそうでしょ」

 あるタイ人はそういうのだが。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

下川裕治

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(隔週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(隔週)、「タビノート」(毎月)など

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい