「妹頼み」は卒業  広瀬すず&アリス歩み始めた「それぞれの道」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「妹頼み」は卒業  広瀬すず&アリス歩み始めた「それぞれの道」

今市新之助dot.
広瀬すず(左)・広瀬アリス(右)姉妹(C)朝日新聞社

広瀬すず(左)・広瀬アリス(右)姉妹(C)朝日新聞社

■アリスのコメディ演技は好評

 妹はしばらく今の路線を続ける、アリスのほうはどのような展開が待っているのか。

「一方でアリスさんはバラエティでも立ち回りがうまく、2017年放送のNHK朝ドラ『わろてんか』や、吉高由里子主演で2018年に放送された『正義のセ』(日本テレビ系)で見せたコメディ的な演技は評価されています。今回、初主演となった『世にも~』もホラーですから、彼女の演技も映えそうですよね。単発の特別編なので、そこまで主演女優らしさも求められないと思うので、自由に演技ができそうです。そうなると、実力もついてくるので、妹の知名度に頼らず、独り立ちしても息の長い女優へと成長していくのではないでしょうか」(民放ドラマプロデューサー)

 ドラマウォッチャーの中村裕一氏は、アリスの演技ならびに姉妹の関係性についてこう分析する。

「やはりどうしても妹・すずのほうが注目を集めがちですが、姉・アリスも着実にキャリアを積み重ねています。年初に公開され、三浦友和演じるベテラン刑事とコンビを組む新米刑事役を演じた『AI崩壊』では役柄に合わせてロングだった髪の毛をバッサリカットするなど、女優として肝も座っています。シリアスからコメディまできっちりこなせるとあって、表現の幅は妹よりも広いと言えるでしょう。彼女の少年漫画好きはもはや有名ですし、バラエティ対応も妹より優れている印象です。なにより、落ち着いた大人の女性の魅力があるので、今後、映画や長編ドラマなどで主演や重要な役どころを務める機会も増えていくと思います。また大らかで飾らない性格なので、妹と比較されることも気にしていないでしょう。そんな姉を見て育った妹は、自ずと姉とは違う方向に進んでいくでしょうし、お互いに心のどこかでリスペクトしていると思います。周囲の声など関係なく、それぞれに確固たるポジションを築いていってほしいですね」

 それぞれの道を歩み始めた広瀬姉妹。2人のさらなる活躍が楽しみだ。(今市新之助)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい