「妹頼み」は卒業  広瀬すず&アリス歩み始めた「それぞれの道」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「妹頼み」は卒業  広瀬すず&アリス歩み始めた「それぞれの道」

このエントリーをはてなブックマークに追加
今市新之助dot.
広瀬すず(左)・広瀬アリス(右)姉妹(C)朝日新聞社

広瀬すず(左)・広瀬アリス(右)姉妹(C)朝日新聞社

 女優の広瀬アリス(25)が「世にも奇妙な物語‘20夏の特別編」(フジテレビ)に初主演することが決まった。同局人気のホラードラマシリーズが30周年を迎える記念すべき特番に、初出演での抜擢となった。このところ女優としては脇役としてかなりいいポジションにつけてきた広瀬アリス。CMにも多数出演中で、単発ドラマとはいえ久しぶりのドラマ主演とあって、大いに注目を集めているようだ。

【写真】ドン小西が苦言!レッドカーペットで”一般人受けコーデ”の広瀬アリス

5月末には出演者とスタッフがリモートで制作したNHKの意欲的なドラマ「Living」に妹のすず(21)と姉妹出演。大御所脚本家の坂元裕二が手がけたこともあり、大きな話題を呼んだ。コロナ禍でドラマの撮影が次々と中止となり、放送は中断。映画も公開延期などが相次いでいるなかで、姉妹そろって存在感をアピールしているようだ。

 ただし、やはり姉妹共演となると目立つのは妹・すずのほう。アリスも近年、実力を発揮してきたが――。

「2人とも若手女優の中では抜群に演技が上手ですし、役にしっかりハマっています。ただ、アリスさんは妹より先にデビューしますが、一度、低迷した時期があった。その後、すずさんがデビューして“美人姉妹”として一気に脚光を集めました。一時期は妹のバーターとして仕事回ってきていた時期もあったそうで、すずさんの姉ということでバラエティなどに出演して、徐々に結果を出してきた印象です。CMなどの出演料も現状でかなり差がひらいていているといいます」(民放ドラマ制作スタッフ)

 確かにすずは、NHKの朝ドラでも主演を務めているほか、映画でも「ちはやふる」など話題作に多く主演し、ヒットを生み出してきた。これまでスキャンダルもなく、着実に“国民的女優”へのキャリアを積んでいるように見える。

「やはり、すずさんの透明感は同年代でも圧倒的で、まさに国民的女優という感じです。女優デビュー後も所属事務所がかなり慎重に仕事を選んでいますし、民放ドラマにもあまり出演しないですよね。今、まだ21歳なのに、彼女ほど存在感を発揮できている人はいない。ただし、しばらくは国民的女優というよりは“国民の少女”という存在が続きそうです。それこそ、新垣結衣さんが30歳を超えた今でも、20代の頃のイメージを求められがちで、しかもそうした演出のほうがうまくいってる部分もある。もしかしたらすずさんも、このまま10年近く今の状態のまま露出し続けるのかもしれません」(同)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい