仕事が忙しくてもできる、子どもの好奇心を伸ばして自立心を育てる方法 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

仕事が忙しくてもできる、子どもの好奇心を伸ばして自立心を育てる方法

連載「人生は「手」で変わる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林照子(こばやし・てるこ)/美容研究家。ヘア&メイクアップアーティスト。1935年、東京都生まれ。東京高等美容学院を卒業後、小林コーセー(現・コーセー)に美容部員として入社。数々の大ヒット商品を手掛け、85年、同社初の女性取締役に就任。その後独立・起業し、美容ビジネスの企業経営や後進を育てる学校運営をおこなっている。『人生は、「手」で変わる。』(朝日新聞出版)、『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)、『小林照子流 ハッピーシニアメイク』(河出書房新社)ほか著書多数(撮影/写真部・片山菜緒子)

小林照子(こばやし・てるこ)/美容研究家。ヘア&メイクアップアーティスト。1935年、東京都生まれ。東京高等美容学院を卒業後、小林コーセー(現・コーセー)に美容部員として入社。数々の大ヒット商品を手掛け、85年、同社初の女性取締役に就任。その後独立・起業し、美容ビジネスの企業経営や後進を育てる学校運営をおこなっている。『人生は、「手」で変わる。』(朝日新聞出版)、『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)、『小林照子流 ハッピーシニアメイク』(河出書房新社)ほか著書多数(撮影/写真部・片山菜緒子)

※写真はイメージです(Gettyimages)

※写真はイメージです(Gettyimages)

 人生はみずからの手で切りひらける。そして、つらいことは手放せる。美容部員からコーセー初の女性取締役に抜擢され、85歳の現在も現役経営者として活躍し続ける伝説のヘア&メイクアップアーティスト・小林照子さんの著書『人生は、「手」で変わる』からの本連載。今回は、仕事が忙しく、子どもと一緒にいる時間が少ないことを悩む人たちに、子どもが自立心を育み、生き生きと伸びていくヒントを贈ります。

*  *  *
 娘がまだ小学生のときのことです。学校から帰ったあと、同級生の家に「遊ぼう」と誘いにいったそうです。するとそのおうちのお母さんから、「突然ひとのおうちに来ちゃだめよ。あなたのお母さんから、今日うちに遊びにくるってお電話いただいていないから、また今度ね」と言われたそうで……。

 近所の子ども同士が遊ぶのに、母親がアポイントメントをとらなくてはいけないの? その当時私はびっくりしましたが、こういうことはいまでも普通にあるそうですね。

 私の場合、私以外のお母さんはほぼ専業主婦の方という地域に住んでいましたから、私が「子どもをほったらかしにして働く母親」と白い目で見られていたということもあるのかもしれません。

 実際に我が家の状況を見て、タウン紙に「鍵っ子あわれ」という投稿をされたこともありました。昭和40年代後半のことです。

 私は働き続けていましたけれど、会社から家に戻ったら、ひたすら娘とよく話すよう心がけていました。今日学校であった話、いまなかよしのお友達の話、最近好きな本、学校で流行っているお洋服やヘアスタイル。いろいろ話して、一緒に眠って。

 私が大事にしていたのは、子どもの自立心を育てることです。平日の昼間、いっしょに何かをすることはできないけれど、新しいことを学んでいくチャンスはどんどん与えてあげよう。そして娘が上手にできたらどんどん褒めてあげよう。そう決めていたのです。

「こういうこと、やってみる? きっとあなただったらできるよ」
「ねえ、どんなことやったのか、お母さんに教えて」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい