ヒット1本3億円超も…元巨人ゲレーロらの失敗で“キューバ選手バブル”崩壊

2020/05/08 16:00

 かつてイチローの活躍を受けて松井秀喜や松井稼頭央、福留孝介、岩村明憲ら日本人打者が続々とメジャーに移籍したように、MLBの海外選手獲得にもブームというものは存在する。それは定期的に大量のメジャーリーガーを輩出しているドミニカ共和国やベネズエラは別として、韓国やキューバも例外ではない。

あわせて読みたい

  • 300億円が“ムダ”のケースも… メジャーの長期契約は「アラサー」から「若手」に?

    300億円が“ムダ”のケースも… メジャーの長期契約は「アラサー」から「若手」に?

    dot.

    9/23

    わずか2週間でメジャーを“クビ”も…米国で野球の厳しさを味わった日本人選手たち

    わずか2週間でメジャーを“クビ”も…米国で野球の厳しさを味わった日本人選手たち

    dot.

    1/19

  • 筒香、秋山の低迷で“日本人外野手”の評価急落 広島・鈴木誠也の米移籍に影響か

    筒香、秋山の低迷で“日本人外野手”の評価急落 広島・鈴木誠也の米移籍に影響か

    dot.

    5/15

    「170億円プレイヤー」なのに控え…メジャーの“不良債権”が深刻すぎる!

    「170億円プレイヤー」なのに控え…メジャーの“不良債権”が深刻すぎる!

    dot.

    3/23

  • 大谷翔平は“史上最高年俸”をゲットできるのか? 難解な二刀流の査定を考察

    大谷翔平は“史上最高年俸”をゲットできるのか? 難解な二刀流の査定を考察

    dot.

    1/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す