カンニング竹山「コロナ自粛できない人に圧倒的に足りないもの」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カンニング竹山「コロナ自粛できない人に圧倒的に足りないもの」

連載「言わせてもらいますけどね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在は全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/今村拓馬)

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在は全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/今村拓馬)

※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 緊急事態宣言の5月末までの延長が決まり、外出自粛はまだまだ続きそうだ。お笑い芸人のカンニング竹山さんは、ワイドショーなどで特集される「自粛できない人たち」について、「想像力と読解力が低くなっているのは、メディアが与えすぎたせいなのか」と疑問を投げかける。

【写真】この方は自粛できなかったのか…?

*  *  *
 最近、コロナって怪しいなと思っているんですよね。数字と実態が合わないというか……。日本はそもそもPCR検査の数が少ないし、東京都は実効再生産数(感染者1人が何人に感染させるかを示す指標)を公表しなくなりましたが、神戸市内の病院が抗体検査をしたら神戸市民の約4万人にあたる人が感染歴を持つかもしれないという調査結果も出ました。そうだとしたら、感染しても無症状の人がかなり多くて、致死率だって今想定されているよりもずっと低いことになる。その前提が崩れてしまうと、今やっている政府の対策だって変わってくる気がしますよね。世界でパンデミックが起きる前から、感染は始まっていたんじゃないかということも、考えられなくはないような……。

 そんな中で、ワイドショーでは「コロナ自粛の中で遊んでいる人」が盛んに特集されています。依存症の問題もあるんだろうけど、こんなときに遠くのパチンコ店に並ぶとか、PCR検査で陽性だったと知りながら高速バスに乗って長距離移動しちゃうとか、「今日だけ」って友達とBBQしちゃうとか。そういう人に何が足りないかというと、想像力だと思うんですよね。その人が感染するかどうかは別にどうでもいいんですが、感染したら医者に行かなきゃいけない。そうなれば医療従事者の負担になるって、想像力を2段階ぐらい上げればわかるはずなんです。でもそれができない。

 専門家だってはっきりとしたことが言えない状況で、多くの人が、政府も守ってはくれないと感じているだろうし、マスメディアだって手探りで、そもそそも100%信頼を置ける情報って無いのかもしれないと考え始めていると思う。先行きが見えないからこそ、これからは己の選択で生きていくしかないんだと思うんです。そういうときに想像力とか読解力って大事になっていくると思う。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい