深田恭子の結婚に立ちはだかる 彼の「過去」「上場」そして「カリスマ編集者」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

深田恭子の結婚に立ちはだかる 彼の「過去」「上場」そして「カリスマ編集者」

このエントリーをはてなブックマークに追加
橋本浩史dot.
アラフォーにしてその美貌と人気は衰えない深田恭子(C)朝日新聞社

アラフォーにしてその美貌と人気は衰えない深田恭子(C)朝日新聞社

 まるでアラフォーを感じさせない肉感的なボディーとみずみずしい小麦色の肌。

 女優の深田恭子(37)が露出を増やしている。4月27日には「週刊プレイボーイ」(集英社)の表紙に登場。さらに5月13日、2年ぶり21冊目となる写真集「Brand new me」を同社から発売するという。

【写真】深田と同事務所の「人気女優」が写真集で見せたセクシーショット

「深田は昨年、ラブコメディー『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)と夏ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)の二つのドラマ作品で主演。後者は映画化の実現に向け、すでに準備が進められています。同ドラマの監督を務めたフジテレビ第一制作室・ゼネラルプロデューサーの武内英樹氏と深田は20年以上の付き合い。深田は弱冠16歳のときにドラマ『神様、もう少しだけ』(フジ系)の主演に抜擢され、脚光を浴びましたが、武内氏は同ドラマの演出を手掛けていました。『ルパン』が映画化されれば、深田にとっては10年ぶりの映画主演ということになります」(スポーツ紙記者)

 現在、深田のテレビCMは武田薬品や東京ガスなど計9社。芸歴23年にして、まだまだ勢いは衰えないが、そんな彼女の背後にいる男の存在が再び注目を集めている。昨年1月上旬に交際が発覚した、不動産会社「シーラホールディングス」会長の杉本宏之氏である。

「当時、杉本氏は周囲に『(昨年)4月には結婚するよ。正月には恭子の両親にも結婚のあいさつをした』と話し、親しい記者に対しては『結婚するときはちゃんと言うから、まだ書かないでよ。絶対書くなよ』と言っていました。記者の間では『これは書けということか。“ダチョウ倶楽部”的なノリなのかも』と勘ぐる向きがあったのですが、実際、何度となく杉本氏の“兄貴分”から待ったがかかったのです」(同前)

 杉本氏が慕ってやまないのが、カリスマ編集者として名高い幻冬舎社長の見城徹氏である。杉本氏を知る不動産関係者が打ち明ける。

「杉本さんはかねてよりインタビュー取材などで『尊敬する人は見城徹』と公言。その経営哲学に心酔しています。実は、昨年から杉本さんは本気で株式上場を目指しており、アドバイザー的な役割を担っているのが見城さんなのです。杉本さんはいち早く深田さんとの結婚を実現させたかったようですが、話し合いの中で、今は仕事に邁進するときと判断。深田さんとの結婚は上場後に先延ばしになったといいます」

 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい