靱帯断裂、アキレス腱断裂…スポーツしないなら手術不要ってホント? 医師の答えは

スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座

ヘルス

2020/04/27 07:00

 スポーツのけがで身近なものに、ひざの「前十字靱帯(ぜんじゅうじじんたい)断裂」や足首の「アキレス腱断裂」があります。足を使うスポーツ選手にとって、靱帯や腱の断裂は「致命傷」。切れたところをつなぐ手術をして早期復帰を目指すのが当たり前かと思いきや、手術をしない保存療法で治す場合もあるといいます。どんな場合に手術をして、どんな場合にしないのでしょうか? 一般の人にも参考になる治療法を選ぶ際のポイントについて、日本スポーツ医学財団理事長の松本秀男医師に教えてもらいます。

あわせて読みたい

  • 中学・高校生がスポーツ障害で手術するのはおおげさ? 親が知っておくべきことは?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    中学・高校生がスポーツ障害で手術するのはおおげさ? 親が知っておくべきことは?

    dot.

    10/12

    プロスポーツ選手が手術を受けるとき、執刀医はどう選ばれる?「名医」はどんな医師?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    プロスポーツ選手が手術を受けるとき、執刀医はどう選ばれる?「名医」はどんな医師?

    dot.

    4/13

  • 「治るまでスポーツをするな」としか言わない病院はNG 「スポーツ整形外科」のいい病院とは?

    「治るまでスポーツをするな」としか言わない病院はNG 「スポーツ整形外科」のいい病院とは?

    dot.

    5/16

    腕の上げ下げに引っかかり感 五十肩と間違いやすい肩腱板断裂

    腕の上げ下げに引っかかり感 五十肩と間違いやすい肩腱板断裂

    dot.

    9/17

  • 肩の痛みや腫れを引き起こす変形性肩関節症 軟骨のすり減りで骨が変形

    肩の痛みや腫れを引き起こす変形性肩関節症 軟骨のすり減りで骨が変形

    dot.

    9/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す