“無職状態”からの復活も! 史上最高の「恩返しプレイヤー」は誰だ?

2020/04/01 16:00

 山本は恩返しのアーチだったが、恩返しのマウンドという意味では、盛田幸妃の姿を忘れられない。88年にドラフト1位で横浜大洋に入団すると、自慢の剛速球を武器に主にリリーバーとして活躍。大魔神・佐々木主浩とともに「ダブルストッパー」と呼ばれた時期もあった。病魔が襲ったのは、トレードで近鉄に移籍した1998年のこと。開幕から好投を続けながら次第に体に違和感を覚えると、検査の結果、脳腫瘍と診断され、同年9月に摘出手術を受けた。

 再びプロとしてマウンドに上ることは不可能ともされたが、驚異的な回復力と強靭な精神力で復帰し、翌1999年のシーズン最終戦で一軍登板を果たして見せた。さらに2001年には34試合に登板してチームのリーグ優勝にも貢献し、カムバック賞を受賞。引退後、脳腫瘍の再発と転移を繰り返して2015年10月に45歳の若さで他界したことが悔やまれるが。間違いなく多くの者に感動を与え、紛れもなく恩返しを尽くしたプレイヤーだと言えるだろう。

 そしてもう一人。今季の松坂大輔にも注目だ。すでに拾ってくれた中日には2018年に恩返しの6勝をマークしたが、14年ぶりの古巣復帰を叶えてくれた西武に対する回答は、これからだ。今年9月に40歳となる平成の怪物が見せる意地と感謝のピッチングに注目し、期待したいところ。是非とも、罠から助けられた鶴を上回る、最高の恩返しを見せてもらいたい。

1 2

あわせて読みたい

  • 村田修一も這い上がれ! 中村紀洋、G.G.佐藤…苦労してNPBに復帰した男

    村田修一も這い上がれ! 中村紀洋、G.G.佐藤…苦労してNPBに復帰した男

    dot.

    3/8

    松坂大輔に中村紀洋が激励メッセージ 「背番号99」の新たな伝説へ

    松坂大輔に中村紀洋が激励メッセージ 「背番号99」の新たな伝説へ

    dot.

    4/3

  • 阪神ファンは“敵”を応援!? 引退直前の古巣戦にまつわる「粋なエピソード」

    阪神ファンは“敵”を応援!? 引退直前の古巣戦にまつわる「粋なエピソード」

    dot.

    12/11

    去就の決まらない鳥谷敬に阪神復帰待望論が出る理由

    去就の決まらない鳥谷敬に阪神復帰待望論が出る理由

    週刊朝日

    12/17

  • イチローは“鈴木一朗時代

    イチローは“鈴木一朗時代"も別格! 2軍で作った足掛け2年の「超絶記録」

    dot.

    7/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す