なぜ東日本大震災の遺族は故人の夢を見るのか? 突然の別れと向き合う人々の再生の物語

朝日新聞出版の本

2020/03/11 08:00

 東日本大震災以来、被災地でのフィールドワークを通じて、さまざまな形で人々の声を集めてきた東北学院大学の金菱清教授とゼミ生たち。調査のなかで、彼らは被災地の人々が大震災で亡くなった故人の夢を見ているという実態を知る。大震災で大切な人を亡くした遺族は、どのような夢を見て、何を思い過ごしているのか――。約1年にわたって集めた夢にまつわる証言を、記録集『私の夢まで、会いに来てくれた』(朝日新聞出版)として1冊にまとめた。同書で描かれている、突然の別れを経験した人たちが悲しみと向き合いながら前向きに生きる姿を紹介する。

あわせて読みたい

  • 東日本大震災被災者たちが「亡き人の夢」を生きる力に…学生たちと掘り出した27の物語

    東日本大震災被災者たちが「亡き人の夢」を生きる力に…学生たちと掘り出した27の物語

    dot.

    3/6

    東日本大震災で亡くした息子、妹が夢に…「亡き人との夢」の意味について

    東日本大震災で亡くした息子、妹が夢に…「亡き人との夢」の意味について

    dot.

    3/26

  • 「大切な人の霊が見える」理由 3・11被災地タクシー運転手の不思議体験

    「大切な人の霊が見える」理由 3・11被災地タクシー運転手の不思議体験

    週刊朝日

    9/16

    被災地の霊は「今」に存在する 社会学者×英ジャーナリスト対談

    被災地の霊は「今」に存在する 社会学者×英ジャーナリスト対談

    AERA

    3/11

  • 広島“同時多発”土砂災害 死者・不明90人「眠る町が流された」

    広島“同時多発”土砂災害 死者・不明90人「眠る町が流された」

    週刊朝日

    8/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す