「そろそろやらないとヤバイ」 危機感アリの甲子園ヒーロー・中村奨成の現状は? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「そろそろやらないとヤバイ」 危機感アリの甲子園ヒーロー・中村奨成の現状は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
山岡則夫dot.
打撃練習をする広島・中村奨(c)朝日新聞社

打撃練習をする広島・中村奨(c)朝日新聞社

 現在、広島の捕手には會澤翼の他にも石原慶幸、磯村嘉孝、坂倉将吾などがいる。それぞれ他球団に行けば、定位置奪取も可能な高いレベルでの争い。中村が広島でレギュラーになるためのハードルは高い。だからこそ、倉コーチの要求も厳しくなる。

「過程もだけど、結果を出さないといけない。そのためには自分自身で課題を克服していかないと。他の捕手もいるので、中村1人に付きっきりではいられないから。チーム内での競争で、上の捕手を超えていけないといけない。意欲がもっと欲しい」

 他のポジションと異なり、捕手の座は1つしかない。倉コーチ自身も現役時代、熾烈な定位置争いを経験してきた。

「もっと自覚を持つこと。思うだけではなく行動で示してほしい。會澤や石原という球界を代表する捕手がいる。良い教材が近くにいるから使うべき。會澤とかには『いろいろ教えてやってくれ』と言っているけど、自分からもどんどん聞きにいって欲しい。首脳陣がいるところだけでなく、いないところでもやらないと」

 倉コーチは大きな期待を寄せているからこそ、言葉も厳しくなっていく。結果が出るための確率を高めるため、やれることすべてに取り組んで欲しいと思っているのだ。

 昨年のドラフトでは天理大から石原貴規が5位指名で加入。捕手の人数がさらに増えたことで、中村も「新人の捕手も入ったし、そろそろやらないとヤバイ」と危機感を抱いているが、現状は“ヤバイ”どころではない。周囲の見方も年々シビアになっており、さらなる成長が求められる。大器として期待しているからこそ、誰もが歯痒さを感じている。「高卒だから数年は身体作り」という声も聞こえるが、時間はそこまで多く残されていない。

 キャンプインからの1軍帯同は、ライバルの捕手と同じ土俵に立ったに過ぎない。猛者どもを押し退け、結果を残さないといけない。今は苦しい立場だろうが、絵に描いたような成り上がりのストーリーを期待している。

◯山岡則夫/1972年島根県出身。千葉大学卒業後、アパレル会社勤務などを経て01年にInnings,Co.を設立、雑誌Ballpark Time!を発刊。現在はBallparkレーベルとして様々な書籍、雑誌を企画、編集・製作するほか、多くの雑誌、書籍、ホームページ等に寄稿している。Ballpark Time!公式ページ、facebook(Ballpark Time)に取材日記を不定期更新中。現在の肩書きはスポーツスペクテイター


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい