「片づけ」が楽しくなる簡単な方法とは? <子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます> (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「片づけ」が楽しくなる簡単な方法とは? <子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます>

連載「子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます」

このエントリーをはてなブックマークに追加
大人は思いつかないような、子どもの素朴な疑問や不思議。子どもの頃から、納得できる答えが得られないままになっていること。そんな質問に、テレビやラジオなどでも活躍する明治大学教授の石川幹人(まさと)さんがお答えします。ジャンルを問わず、答えが見つからない質問をお寄せください!(https://publications.asahi.com/kodomo_gimon/)。採用された方には、本連載にて石川幹人さんが、どこまでもまじめに、おこたえします(撮影/写真部・掛祥葉子)

大人は思いつかないような、子どもの素朴な疑問や不思議。子どもの頃から、納得できる答えが得られないままになっていること。そんな質問に、テレビやラジオなどでも活躍する明治大学教授の石川幹人(まさと)さんがお答えします。ジャンルを問わず、答えが見つからない質問をお寄せください!(https://publications.asahi.com/kodomo_gimon/)。採用された方には、本連載にて石川幹人さんが、どこまでもまじめに、おこたえします(撮影/写真部・掛祥葉子)

※写真はイメージです(Gettyimages)

※写真はイメージです(Gettyimages)

 でも、ひもでは問題があります。おもちゃの数が多いと、ひもがからまって結び合わさってしまいます。そこで、ひものかわりのものを考えてみます。要はおもちゃ自身が帰る場所を覚えていて、自分で帰ることができればいいわけです。

 おもちゃではないですが、自動お掃除ロボットならばそれができます。お掃除が終わったら、自分で所定の場所に戻り充電ができますね。ですので、不可能な技術ではありません。

 自分で帰れないおもちゃの場合はどうしたらよいでしょうか。自分で戻れなかったとしても、おもちゃが帰る場所を知っていて教えてくれるだけで、片づけるのに便利です。

 たとえば、すべてのおもちゃにQRコード(二次元バーコード)を貼っておき、スマートフォンでそれを撮影すると、おもちゃをしまう場所が表示されるというのはどうでしょうか。そんなアプリができれば、片づけも楽しくなりそうです。やがて、しまう場所を覚えてしまえば、片づけもそれほど苦労ではなくなるはずです。

 ちなみに、人間の記憶は、最後の作業の印象に全体の印象が大きく左右されることが知られています。そのため、遊びが終わった最後にまとめて片づけるというのは望ましくありません。最後を「いやな作業」で終わらせたために、それまでの遊び全体が楽しくなかったという印象が残ってしまいます。

 片づけ自体を楽しくできればベストですが、それが難しい場合には、片づけしたらもう少しだけ遊べるよと、最後に“ごほうび”をつくるのがよいです。

 余談になりますが、前述した手品に興味をもった方に注意をお伝えしておきましょう。手品用品を自分で作る場合は、釣り糸が目立たない半透明のコップを使うこと、赤玉の糸は短めに、白玉の糸は長めにすることが重要です。実演では、混ぜるときには赤玉のコップを下に、分けるときには上下逆にして赤玉のコップを上にします。ぜひ試してみてください。

【今回の結論】おもちゃ自身がどこに帰ったらよいかわかっていないので、散らかってしまう。それがわかるように工夫し、おもちゃ自身で帰れなくても、使った人がおもちゃを楽しく元の場所に戻せる方法を考えよう


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

石川幹人

石川幹人(いしかわ・まさと)/明治大学情報コミュニケーション学部教授、博士(工学)。東京工業大学理学部応用物理学科卒。パナソニックで映像情報システムの設計開発を手掛け、新世代コンピュータ技術開発機構で人工知能研究に従事。専門は認知情報論及び科学基礎論。2013年に国際生命情報科学会賞、15年に科学技術社会論学会実践賞などを受賞。「嵐のワクワク学校」などのイベント講師、『サイエンスZERO』(NHK)、『たけしのTVタックル』(テレビ朝日)ほか数多くのテレビやラジオ番組に出演。著書多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい