ジャングルを抜けて走るマレーシア唯一の寝台列車を乗り継ぐ2泊3日鉄道旅

鉄道

2020/02/18 11:30

 近年、マレーシアの鉄道は急速に近代化を遂げ、主力幹線である西海岸線(パダンブサール/バターワース~シンガポール間)で時速140キロメートル運転が実施されるなど、高速化の進展が著しい。一方で、西海岸線では寝台車も姿を消し、バンコクからシンガポールまで、寝台列車を乗り継ぐ2泊3日の鉄道旅はいまや昔語りとなりつつある。そんななか、貴重な寝台列車が1往復だけ残されている。異国の夜汽車で旅情に触れるべく、一路マレーシアを目指した。

あわせて読みたい

  • マレーシアで「大阪行き」のブルートレインが走っている?

    マレーシアで「大阪行き」のブルートレインが走っている?

    週刊朝日

    7/14

    日本のあの車両が海を渡って元気に活躍中!  タイ国鉄寝台車の旅

    日本のあの車両が海を渡って元気に活躍中!  タイ国鉄寝台車の旅

    dot.

    2/11

  • 夜行バスやLCCの台頭で姿を消した? 寝台列車の進化と歴史

    夜行バスやLCCの台頭で姿を消した? 寝台列車の進化と歴史

    dot.

    7/14

    イマドキありえないノロさ? 日本各地にはこんなに「夜行鈍行列車」があった

    イマドキありえないノロさ? 日本各地にはこんなに「夜行鈍行列車」があった

    dot.

    7/4

  • 山陰本線「あめつち」は国鉄時代のデザインを今に伝える名列車! 漢字で書くと…?

    山陰本線「あめつち」は国鉄時代のデザインを今に伝える名列車! 漢字で書くと…?

    dot.

    2/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す