『水曜どうでしょう』で一番必要なのは“許容” 名物Dが明かす「むしろプレッシャーしかない」現場とは?

朝日新聞出版の本

2020/02/12 17:00

 北海道ローカルの番組でありながら、全国区の人気を誇る『水曜どうでしょう』。昨年クリスマスに北海道限定で6本目の新作が放送された直後、番組の名物ディレクター・藤村Dこと藤村忠寿さんがエッセイ集『笑ってる場合かヒゲ~水曜どうでしょう的思考』(朝日新聞出版)を発表。「面白い!」「深い」「励まされた」という声が続出の第1巻に続き、第2巻が2月8日に発売された。そんな藤村さんに「水曜どうでしょう的思考」とは? 仕事観とは? を直撃した。

あわせて読みたい

  • 水曜どうでしょう・藤村忠寿Dが明かす大泉洋の必死さの理由 「僕が屁が出るまで笑わないと面白くない」

    水曜どうでしょう・藤村忠寿Dが明かす大泉洋の必死さの理由 「僕が屁が出るまで笑わないと面白くない」

    dot.

    1/15

    「若者に無限の可能性?あるわけねーだろ、そんなもん」伝説生んだ名物Dの深い言葉

    「若者に無限の可能性?あるわけねーだろ、そんなもん」伝説生んだ名物Dの深い言葉

    dot.

    1/29

  • 1月号北海道テレビディレクター 藤村忠寿 Fujimura Tadahisa2週間分の日々を振り返りつづけて

    1月号北海道テレビディレクター 藤村忠寿 Fujimura Tadahisa2週間分の日々を振り返りつづけて

    1/6

    大泉洋 「水曜どうでしょう」を初めて振り返る

    大泉洋 「水曜どうでしょう」を初めて振り返る

    BOOKSTAND

    4/21

  • 素人を“料理”し、プロに勝つ 大泉洋生んだ「どうでしょう」

    素人を“料理”し、プロに勝つ 大泉洋生んだ「どうでしょう」

    週刊朝日

    9/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す