節分の豆も要注意!子どもの誤嚥、全身麻酔で気管支鏡で取り除くケースも (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

節分の豆も要注意!子どもの誤嚥、全身麻酔で気管支鏡で取り除くケースも

連載「ちょっとだけ医見手帖(森田麻里子医師)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
森田麻里子dot.#ヘルス#病気#病院
森田麻里子(もりた・まりこ)/1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産し、19年9月より昭和大学病院附属東病院睡眠医療センターにて非常勤勤務。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表

森田麻里子(もりた・まりこ)/1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産し、19年9月より昭和大学病院附属東病院睡眠医療センターにて非常勤勤務。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表

※写真はイメージ(Getty Images)

※写真はイメージ(Getty Images)

 日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は、自身も1児の母である森田麻里子医師が、「子どもの誤嚥」について「医見」します。

*  *  *
 1月が終わるとすぐに節分。早速、恵方巻の広告も見かけるようになりました。節分の豆まきは子どもたちにとっても楽しいイベントですが、実は事故にも注意が必要です。豆やナッツは誤嚥のリスクが高く、乳幼児にとってやや危険な食べ物でもあるのです。

 そもそも誤嚥とは、どんな状態を指す言葉なのでしょうか?これは、食べ物でもそれ以外でも、誤って飲み込んでしまい、それが気道、つまり肺の方向に入っていくことを指します。よく似た言葉に「誤飲」がありますが、これは食べ物でないものを誤って食べてしまい、それが食道、つまり胃や腸に向かって入っていくことを言います。

 例えば飴玉やミニトマト、お団子等の比較的大きなものをそのまま飲み込んでしまうと、喉の上の方に詰まって窒息につながることがあります。もう少し小さめのものを誤嚥した場合、窒息にはならず、ぜいぜいと呼吸が苦しくなることがあります。大人でもちょっと唾液が気管に入ると、むせて苦しくなりますよね。さらに、誤嚥直後のむせや咳込みといった症状が大人に気づかれず、そのうちにしつこい咳や発熱が出てきて、検査の結果あとから誤嚥が原因だったとわかるケースもあるのです。

 誤嚥により気管や気管支に異物が入ってしまうと、基本的には全身麻酔をかけ、気管支鏡を使って取り除かなければいけません。気管・気管支異物の原因として、最も多いのはピーナッツです。例えば、小児の気管・気管支異物のケース23例をまとめた2007年の富山大学の報告では、ピーナッツが原因だったものが12例と、半数を占めていました(※1)。

 ピーナッツは丸くて表面がつるつると滑りやすく、誤嚥しやすい形状です。レントゲンにも映らないので、大人が見ていないところで子どもが誤嚥してしまうと、診断が難しくなります。

 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい