“溺愛系コンテンツ”はなぜ女子の心をつかむのか? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“溺愛系コンテンツ”はなぜ女子の心をつかむのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
飯田一史dot.
“溺愛系コンテンツ”が支持されている背景とは?(*写真はイメージ/Getty Images)

“溺愛系コンテンツ”が支持されている背景とは?(*写真はイメージ/Getty Images)

『妻が綺麗過ぎる。 好き以外何で結婚する?』(著者:妻が綺麗過ぎる。/発行:KADOKAWA)

『妻が綺麗過ぎる。 好き以外何で結婚する?』(著者:妻が綺麗過ぎる。/発行:KADOKAWA)

『妻が綺麗過ぎる。 好き以外何で結婚する?』という本が人気だ。著者はTikTokやYouTube、Twitter上で美人の妻とノロけたり視聴者からの人生相談に答える人気のアカウント「妻が綺麗過ぎる。」。SNS上の累計フォロワー数は100万人以上。

【『妻が綺麗過ぎる。 好き以外何で結婚する?』の書影はこちら】

 本の内容は、元宝塚歌劇団の女優である“綺麗過ぎる”妻の写真と、本業はコンサルティング会社の役員だというアカウント運営者の夫が書いた結婚観――タイトルどおり「お金や見た目、価値観、やさしさや他人の評価といった『相手が好き』以外の理由では結婚するな!」というもの――や、馴れ初めから結婚、そして現在に至るまでの数々のトラブルとそれを乗り越えたふたりの絆を綴ったエッセイとで構成されている。

「妻が綺麗過ぎる。」のファン層はTikTokやYouTubeの視聴者ということからわかるように若い人たち、それもとくに10代女子が多い。そしてこのように、男性が彼女や妻を「溺愛」するコンテンツは、近年、小説やマンガのようなフィクションからSNSまで広く支持されている。たとえば社会人や主婦層の女性に人気のマンガサイト「めちゃコミック」は「溺愛男子」特集を組んでいる。

 ここでは主に10代向けの“溺愛系コンテンツ”を紹介し、その中身、そして支持される背景について迫ってみたい。

■月間ユーザー数50万人以上のケータイ小説サイト「野いちご」の「溺愛」人気

 スターツ出版が運営するケータイ小説サイト(と言っても今はほとんどがスマホからのアクセス)「野いちご」は小学校高学年から中学生を中心に今も月間ユーザー数が数十万人おり、書籍化作品でも沖田円『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』が25万部、櫻井千姫『天国までの49日間』が18万部、櫻いいよ『交換ウソ日記』17万部、いぬじゅん『いつか、眠りにつく日』14万部と近年もヒット作が登場している。

 この「野いちご」のアプリを開くと、トップページに表示される作品のカテゴリーは「切ない・ピュア」「溺愛・日々」「涙・感動」「学園ホラー」「暴走族・元姫」の5つ。これが人気作品のカテゴリーとなっている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい