今は昔の「うさぎ跳び」 スポーツ医科学の発展でけが予防はどう変わった?

スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座

ヘルス

2020/01/27 07:00

 スポーツ医科学は、スポーツにおける競技力を向上させ、安全にスポーツを通じた健康づくりをおこなうための学問です。これまでのスポーツ医科学の歴史と、その成果がいまパフォーマンスの向上やトレーニング法の開発、けが・障害の予防などにどのように役立っているのかについて、日本臨床スポーツ医学会理事長の松本秀男医師に話を聞きました。

あわせて読みたい

  • ドクターストップだけじゃない アスリートを陰で支える「スポーツドクター」の役割とは?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    ドクターストップだけじゃない アスリートを陰で支える「スポーツドクター」の役割とは?

    dot.

    9/9

    「スポーツ栄養学」はいまやスポーツ界の常識?  取り入れて成功したチームとは?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    「スポーツ栄養学」はいまやスポーツ界の常識?  取り入れて成功したチームとは?

    dot.

    5/25

  • マウスガードでスポーツのパフォーマンスは向上する? 注目されるスポーツ歯科
    筆者の顔写真

    松本秀男

    マウスガードでスポーツのパフォーマンスは向上する? 注目されるスポーツ歯科

    dot.

    6/8

    医師の中でも花形職業のスポーツドクター 「買い手市場」で収入は?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    医師の中でも花形職業のスポーツドクター 「買い手市場」で収入は?

    dot.

    3/23

  • Jリーグ、プロ野球の“専属チームドクター” 米国では「選手は指定病院でのみ治療」の現実
    筆者の顔写真

    松本秀男

    Jリーグ、プロ野球の“専属チームドクター” 米国では「選手は指定病院でのみ治療」の現実

    dot.

    10/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す