活動再開したロンブー亮の誰もが認める才能とは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

活動再開したロンブー亮の誰もが認める才能とは?

連載「上方芸能ここだけの話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中西正男dot.
ツイッターも再開したロンドンブーツ1号2号の田村亮(撮影/中西正男)

ツイッターも再開したロンドンブーツ1号2号の田村亮(撮影/中西正男)

 無期限謹慎中だったお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮の活動再開が10日に発表された。

【写真】ロンブー田村淳の新会社設立で波紋

 さらに、12日には相方・田村淳が自らのツイッターで、コンビとしてトークライブを開催し、その後、会見をする意向も明かした。

 ライブの日程は未定となっているが、僕の取材では、今月末か来月初旬に開催予定。ライブという形での復帰には、淳の強い思いが反映されている。

 昨年11月にYahoo!拙連載で淳のインタビューをしたが、その際にも、淳の言葉へのこだわりを感じた。自分が話したことをきちんとそのままの意図で伝えてもらいたい。特に、大事な節目においてはなおさら。

 なので、時間的にも、内容的にも制約がないトークライブでまずは全てを話す。それが再出発としては一番だと判断したと聞く。

 10日、活動再開に関して僕がこれまで取材してきたことを「田村亮活動再開、二つの要因」というタイトルでまとめYahoo!拙連載でアップした。

 二つの要因とは「淳の献身的サポート」と「亮の人柄」。僕が直接見聞きしてきたエピソードを入れ込み、その二つを軸に原稿を作ったのだが、我が原稿ながら驚いた。

 原稿をアップしてから、大阪・東京問わず多くの芸人仲間から僕のところに連絡があった。「亮さんの復帰、ただただ嬉しいです! そこに中西さんの原稿を読んで、さらに喜びが増しました」という声がありがたいことにほとんどだった。自分の原稿を通じて「亮の人柄」をさらに反芻することにもなった。

 20年以上の芸能記者生活の中で、亮には幾度となく取材をし、周囲の声も聞いてきた。笑いへの愛はあふれているが、人の頭を踏みつけてでも上がろうというところがない。そして、何より、素直で真っすぐ。その姿勢がかわいげとなり、周りをひきつける。

 2015年10月には人生の恩人について尋ねる拙連載でインタビューをした。加藤浩次を恩人に挙げ、あらゆる思いを吐露した。長らく亮のトレードマークになってきた金髪も、加藤の言葉をどこまでも素直に受け止めた結果だった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい