東大卒ママが「共通テスト」に吠える! 重要な試験を大人の都合で邪魔するな (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大卒ママが「共通テスト」に吠える! 重要な試験を大人の都合で邪魔するな

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山奈津子dot.
杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など。ツイッターのアカウントは@suginat

杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など。ツイッターのアカウントは@suginat

共通テストは、住んでいる土地や家庭の金銭的格差により、試験を受けられる回数がまるで異なるようになってしまうという。点数に対する公平性が失われはしないか

共通テストは、住んでいる土地や家庭の金銭的格差により、試験を受けられる回数がまるで異なるようになってしまうという。点数に対する公平性が失われはしないか

 うつ病を克服し、偏差値29から東大に合格。ベストセラー『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』の著者・杉山奈津子さんが、今や5歳児母。日々子育てに奮闘する中で見えてきた“なっちゃん流教育論”をお届けします。

 この連載が本になりました。タイトルは『東大ママのラク&サボでも「できる子」になる育児法』です。杉山さん自身が心理カウンセラーとして学んできた学術的根拠も交えつつ語る「私の育児論」を、ぜひご覧ください。

*  *  *
 「日本人は英語が下手で話せないので、グローバル化が遅れてしまう」という懸念により、2020年度の大学入学共通テストから、「一部の英語の試験を民間企業に託す」という案が出ていました。それが今年になり、まだまだ問題点が多いため延期することが発表され、24年度からの実施を目指す、という方針に変わりました。

 個人的には、「問題点があっても強行突破するのかな」と思っていたので、延期という対応がとられたことに、少しビックリしました。同時に、こう思いました。「もう、民間試験の導入が実施されることはないだろう」、と。

■懸念は二つ「情報漏洩」と「金銭的格差」

 延期をした理由について、文部科学相は「文科省と実施団体の連携が十分ではなく準備が遅れた」とあいまいなことを言っていましたが、具体的に示すと、「二つの大きな問題点が存在するため」です。

 一つは、試験の作成・採点が「民間」企業であるため、外部に情報が漏れてしまう可能性がある、という点。もう一つは、住んでいる場所や、家庭の金銭的格差により、民間試験を受けられる回数に明確な差が出てしまう点です。

 今まで、独立行政法人大学入試センターは、国語に使われる文章の筆者にさえ、試験の後に「使ったよ」と報告するほど、徹底的な秘密主義を貫いていました。しかし民間企業が加わると、そうはいきません。民間企業には、正社員や派遣、アルバイトがいるなかで、試験に関わる人たち全員に、「試験の内容を絶対に外部に漏らさせないようにする」ことが可能だと断言できるでしょうか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい