レジェンドの背番号を“雑”に扱う中日の風潮… 球団関係者やファンから疑問の声も

dot sportsdot.
 レジェンドの背番号を安易に新人に与えていいのか……、そんな疑問が野球ファンの間で持ち上がっている。中日は昨年12月16日、入団発表会見を行い、ドラフトで指名された新入団選手7人の背番号を披露した。特に注目されているのは、ドラフト1位の石川昂弥(東邦高)と2位の橋本侑樹(大商大)だ。

【過去10年高校別「プロ野球選手輩出数」ランキング】

 石川には、通算2045安打を達成し、名二塁手として知られた荒木雅博が付けていた背番号「2」が渡された。一方、橋本には通算407セーブを記録した鉄人、岩瀬仁紀が背負った背番号「13」が継承された。荒木と岩瀬は落合博満監督時代の中日黄金期を支えたプレーヤーで、ともに2018年限りでユニフォームを脱いでいる。

 一般的には、球団に対して大きな貢献を果たした選手の場合、その背番号はしばらく“空席”にするケースが少なくない。だが、近年の中日をみると、空席の期間が非常に短くなっている。たとえば、通算219勝を挙げて、50歳まで現役を続けた山本昌がつけていた背番号「34」。山本昌は2015年限りで引退したが、背番号は翌年入団した福敬登に早くも渡された。この時も疑問の声が出ていたという。

「山本昌さんが引退した翌年に同じサウスポーの福に「34」が渡されたのですが、中日球団の関係者でも『さすがにルーキーに渡すのは、荷が重すぎるのではないか』と心配する意見が出ていました。今回のケースも同様で、岩瀬氏は1002試合登板という前人未到の大記録を達成していますし、いくらドラフト2位とはいえ、橋本に引き継がせるのは早いような気がします。プロで結果を出してからでも遅くないわけですからね」(スポーツライター)

 橋本自身も背番号の提示を受けた時はかなり驚いたそうだが、入団会見では「こんな偉大な背番号をもらったら息抜きしている暇もない。頑張るしかない。今は岩瀬さんのイメージですけど、自分の印象をつけて新しく塗り替えていきたい」と語っている。活躍を心から期待したいが、中日には背番号のプレッシャーゆえに、潰れてしまった選手がいる。

続きを読む

次ページ>

偉大な背番号のプレッシャーに潰された選手は…

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック