「芸人は同情されたら終わり」多発性骨髄腫告白の宮川花子の忸怩たる思い

上方芸能ここだけの話

2019/12/17 11:30

 12月10日、大阪・難波の吉本興業で夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」の会見が行われた。内容はこれまでの報道にも出ているように花子が「症候性多発性骨髄腫」を治療中であるというものだった。

あわせて読みたい

  • 「不治の病」だった宮川花子の多発性骨髄腫 最新治療で完治も期待できる病気に

    「不治の病」だった宮川花子の多発性骨髄腫 最新治療で完治も期待できる病気に

    週刊朝日

    12/11

    宮川大助・花子 一時は喪服持って仕事、遺言も

    宮川大助・花子 一時は喪服持って仕事、遺言も

    週刊朝日

    3/25

  • 異端の男女コンビ「にゃんこスター」に取材依頼が殺到するワケ
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    異端の男女コンビ「にゃんこスター」に取材依頼が殺到するワケ

    dot.

    10/21

    オール巨人が語る「漫才師」としての矜持 コロナで「収入が10分の1」になっても譲れない“ルール”とは
    筆者の顔写真

    中西正男

    オール巨人が語る「漫才師」としての矜持 コロナで「収入が10分の1」になっても譲れない“ルール”とは

    dot.

    5/23

  • 「霜降り明星」が最年少で「M-1」王者になったワケ 中田カウスが解説
    筆者の顔写真

    中西正男

    「霜降り明星」が最年少で「M-1」王者になったワケ 中田カウスが解説

    dot.

    12/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す