「ゼルビア騒動」とは真逆、Bリーグ・ブレックスの“あえて狭める”大胆な戦略

2019/11/27 17:00

 バスケットボールがおもしろい。NBAのワシントン・ウィザーズに所属する八村塁は、ルーキーながら期待以上の活躍を見せている。他にもアメリカでのプレーを目指す選手の挑戦が後を絶たない。今年9月のワールドカップ(W杯では男子日本代表が13年ぶりの出場。10月にはNBAジャパンゲームがさいたまスーパーアリーナで開催される)など、話題も豊富だ。NHKをはじめ、テレビ地上波でもバスケットボールの話題が日常的に取り上げられ、目にする機会は激増している。

あわせて読みたい

  • 『スラムダンク』井上雄彦が1年目を終えたBリーグにエール!

    『スラムダンク』井上雄彦が1年目を終えたBリーグにエール!

    週刊朝日

    6/9

    プロの中でも際立つ才能、河村勇輝の“スケール感”は国内の大学で収まるのか?

    プロの中でも際立つ才能、河村勇輝の“スケール感”は国内の大学で収まるのか?

    dot.

    2/11

  • “相手”がいない時代も! 伝説に残る「能代工業」の驚異的な強さを振り返る

    “相手”がいない時代も! 伝説に残る「能代工業」の驚異的な強さを振り返る

    dot.

    8/3

    田臥勇太だけじゃない! Bリーグを熱くする男たち

    田臥勇太だけじゃない! Bリーグを熱くする男たち

    週刊朝日

    9/8

  • 2年目のBリーグを熱くする男たち

    2年目のBリーグを熱くする男たち

    9/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す