「結婚15年、好きな男性ができました」混乱する39歳女性に、鴻上尚史が示した“苦しくて険しい”3つの道 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「結婚15年、好きな男性ができました」混乱する39歳女性に、鴻上尚史が示した“苦しくて険しい”3つの道

連載「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#読書#鴻上尚史

 鴻上尚史の人生相談。「結婚して15年、好きな男性ができました」と混乱する39歳主婦。絶望感を覚え戸惑う相談者に鴻上尚史がまず示したのは、本気の恋がいかに“暴力的で唐突で理不尽で甘美”であるか、ということ。

【相談49】結婚して15年の主婦ですが、好きな男性ができました(39歳 女性 さとこ)

 鴻上さん、こんにちは。40手前の主婦です。結婚して15年、好きな男性ができました。実は好きなのかよくわかりません。ただただ二人で会いたいです。この歳になって、他人の気持ちを真剣に推し量るという作業を生まれて初めてしている気がします。人の気持ちは理解できない、ましてや異性の気持ちなど、と絶望感のようなものを感じています。私が自分の気持ちをきちんと理解できないくらいなのですから仕方ないです。好きと言ってくれます。でもそれを信じたいのに信じられません。

 苦しいため、その方とのことを穏やかな思い出にしたいので方法を教えてください。体の関係はあります。私には子供もいます。また私から会いたいと連絡してしまいそうです。……本当は、好きと言ってもらってそれを信じられて、関係を続けたいです。優しくしてもらってるのに、色々な要因が絡まり合って辛いので、私はどうしたら穏やかな気持ちになれますか、が本当に聞きたいことです。

【鴻上さんの答え】
 さとこさん。恋をしましたか。「この歳になって、他人の気持ちを真剣に推し量るという作業を生まれて初めてしている気がします」ということは、初めて本気の恋愛をしている、ということでしょうか。

 本当の恋愛をすると、相手の気持ちが知りたくて知りたくてたまらなくなりますからね。

 本気の恋愛をしないまま、結婚することは珍しいことではないです。僕が繰り返し書くように、同調圧力の強い日本では、愛ではなく、「世間の目」とか「親の要求」「見栄」が一番の理由で結婚する人達はいます。そこから、真っ当な恋愛が生まれればいいのですが、「ぼんやりとした感情」のままで生活を続ける夫婦はそれなりにいるのです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい