佐藤二朗、妻への惚気ツイートを開き直る「ギャアアアアアアア」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐藤二朗、妻への惚気ツイートを開き直る「ギャアアアアアアア」

連載「こんな大人でも大丈夫?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤二朗dot.#夫婦
佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 個性派俳優・佐藤二朗さんが日々の生活や仕事で感じているジローイズムをお届けします。今回は、惚気(のろけ)ツイートについて。

*  *  *
 やっちまった。また、やらかしちまった。やらかしたのは、もう何度目になるだろう。もう汐留になるだろう。そんなことを言ってる場合ではない。「もう汐留になるだろう」の意味が分からない。東京・汐留といえば日本テレビの所在地だ。かつては麹町だった。日テレに行くには麹町ではなく、もう汐留になるだろう。よし、ようやく成立した。「もう汐留になるだろう」がようやく日の目を見た。何を書いてるんだ俺は。汐留に関して、こんなに字数を割いている場合ではない。先日、またもや酔っ払った勢いで、妻への惚気ツイートをしてしまったのだ。以下に、その内容を記す。読者諸兄よ。心して見よ。あるいは見るな。

<いま新潟かつ酔ってるゆえ。妻よ。「酔って惚気ツイート自粛しろよ」と言う妻よ。精神年齢8才の僕が、君にできることは「たくさん愛する」だけだ。これでも無茶苦茶、自粛してんだよ。本当はこの140文字に、 毎日、毎時、毎分、毎秒、何回でも何十万回でも書きたいんだよ。君は、僕のすべてです。>

 ギャアアアアアアアアアアアアアア……なんたる、なんたるこっ恥ずかしいツイート。実際、俺は叫んだ。翌朝起きて自分のツイートを見て叫んだ。新潟のホテルで一人叫んだ。俺の叫びは日本海にこだました。知らんが。とにかく恥ずかしさのあまり、俺は叫んでしまった。

 もちろん、こんなツイートでも「ホッコリした」「癒された」等々の感想を持ってくださった方々がたくさんいらしたようで、もう、そこには感謝というか、陳謝というか、要するに深謝の気持ちしかない。改めて、ありがとうだし、ごめんなさいだし、本当にありがとうである。

 しかし、やはり妻には怒られた。「良い感想を持った人だけじゃないぞ。ケッと思った人もいるぞ」。もっともだ。てか、俺だって誰かがこんなツイートを書いたら、ケッと思うかもしれない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい