潜在能力は抜群!今季ドラフト指名選手で「大化け」の可能性あるのは?

2019/11/07 16:00

 佐々木朗希(大船渡→ロッテ1位)、奥川恭伸(星稜→ヤクルト1位)、森下暢仁(明治大→広島1位)、石川昂弥(東邦→中日1位)などに注目が集まった今年のドラフト会議。しかし入団当時に知名度は高くなくても、プロ入り後に大化けする選手は少なくない。現在行われているプレミア12の侍ジャパンのメンバーでも山本由伸(オリックス)、甲斐拓也(ソフトバンク)、外崎修汰(西武)などがその代表例と言えるだろう。そこで今年指名された選手の中で、彼らのように大化けが期待できる比較的知名度の低い選手をピックアップして紹介したいと思う。

あわせて読みたい

  • “過大評価”の選手も? 甲子園の活躍がスカウト陣に与える「大きな影響」

    “過大評価”の選手も? 甲子園の活躍がスカウト陣に与える「大きな影響」

    dot.

    9/17

    球界を代表するスーパースターがそろい踏みの奇跡も… 球団別・ドラフトの“当たり年”はいつだ?【パ・リーグ編】

    球界を代表するスーパースターがそろい踏みの奇跡も… 球団別・ドラフトの“当たり年”はいつだ?【パ・リーグ編】

    dot.

    2/3

  • 今季は阪神・佐藤輝明がブレークも、「大卒スラッガー」の“成功率”は高くない?

    今季は阪神・佐藤輝明がブレークも、「大卒スラッガー」の“成功率”は高くない?

    dot.

    6/27

    今年の選抜は「プロ注目の好投手」が超豊富、過去と比べても“最高レベル”?

    今年の選抜は「プロ注目の好投手」が超豊富、過去と比べても“最高レベル”?

    dot.

    2/18

  • 大阪桐蔭が断トツ 過去10年高校別「プロ輩出数」ランキング

    大阪桐蔭が断トツ 過去10年高校別「プロ輩出数」ランキング

    dot.

    9/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す