チュート徳井の巨額申告漏れ 復帰のカギは「世間の風」と「相方の信頼」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チュート徳井の巨額申告漏れ 復帰のカギは「世間の風」と「相方の信頼」

連載「上方芸能ここだけの話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中西正男dot.
謝罪会見でのチュートリアル徳井 (c)朝日新聞社

謝罪会見でのチュートリアル徳井 (c)朝日新聞社

 現時点で活動自粛となっているが、既に修正申告などやるべきことは全てやっている。となると、あと復帰に向けての要素としては“世の中の風を見る”ということになる。

 ただ、ここが実は一番難しく、何をもって、もう復帰しても大丈夫ということになるのか。その線引き、そして、世の中の風当たりがマイルドになるということがあるのか。あるにしても、それがいつになるのか。先は見えない。

 その流れを誰よりもダイレクトに受けるのは、相方の福田充徳。福田と筆者は数年前から関西で定期的にトークイベントをしていて、イベント内はもちろんのこと、イベント後の打ち上げでも、あらゆる裏話もてんこ盛りで話してきた。

 その時の時事ネタや楽屋話が酒の肴になるが、打ち上げで酒が進むと、結局、福田の話はいつも同じところに向かう。

「幼稚園から一緒やけど、ホンマに徳井はエエ奴なんです」

 コンビ仲が良いとは言われるが、僕の知る限り「チュートリアル」は全ての芸人の中でもトップクラスに信頼関係の深いコンビであることは間違いない。

 こんな形でコンビ仲が注目されることは二人にとって当然歓迎すべきことではないだろうが、否応なしに、そこに視線が集まることに今後はなっていくだろう。

 コンビは一蓮托生。良いことも悪いことも、二人で味わう。こちらが言うまでもなく痛感しているだろうが、自身のだらしさが福田の人生にも大きな危機をもたらしている。

 猛省し、再び笑いを商売にできるところまで信頼の積み重ねをする。極めて難しい作業となるだろうが、今一度、徳井が光を浴びようとするならば、それしか道はない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

中西正男

中西正男(なかにし・まさお)/芸能記者。1974年、大阪府生まれ。立命館大学卒業後、デイリースポーツに入社。芸能担当として、故桂米朝さんのインタビューなどお笑いを中心に取材にあたる。取材を通じて若手からベテランまで広く芸人との付き合いがある。2012年に同社を退社し、井上公造氏の事務所「KOZOクリエイターズ」に所属。「おはよう朝日です」(ABCテレビ)、「バイキング」(フジテレビ)などに出演中。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい