関節が痛むのに、運動したほうがいいの? 専門医の答えは?

ヘルス

2019/11/11 11:30

 加齢とともに増えていくのが腰や股関節、ひざなど「運動器」の痛みです。運動器とは、骨や関節、筋肉など、からだを動かすための部位のこと。運動器の痛みの治療は、「保存療法」と「外科的療法(手術)」に大別され、多くの場合、まずは保存療法をおこないます。好評発売中の週刊朝日ムック『首腰ひざのいい病院2020』では、千葉大学病院痛みセンター・センター長の大鳥精司医師と愛知医科大学病院学際的痛みセンター長の牛田享宏医師に取材しました。

あわせて読みたい

  • 専門医を悩ます「長引く関節の痛み」 原因を明確に分類しづらい「混合型」の痛みとは?

    専門医を悩ます「長引く関節の痛み」 原因を明確に分類しづらい「混合型」の痛みとは?

    dot.

    11/9

    慢性的な痛みを治すには「具体的なゴール」決めるべし

    慢性的な痛みを治すには「具体的なゴール」決めるべし

    週刊朝日

    9/9

  • O脚が多い日本人は関節の内側がすり減ってる? 我慢してはいけないひざの痛み

    O脚が多い日本人は関節の内側がすり減ってる? 我慢してはいけないひざの痛み

    dot.

    3/6

    「股関節の痛み」は中高年以降の女性に多く発症 子育て中に子どもを抱くなどの負荷が影響?

    「股関節の痛み」は中高年以降の女性に多く発症 子育て中に子どもを抱くなどの負荷が影響?

    dot.

    12/2

  • 【人工関節置換術 膝関節】ひざの痛みに対する手術 最近は40~50代で受ける人も

    【人工関節置換術 膝関節】ひざの痛みに対する手術 最近は40~50代で受ける人も

    dot.

    3/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す