引退・上原浩治の元通訳が記者に打ち明けた苦悩

井上啓太dot.
松本重誠/まつもと・しげなり 1975年生まれ。オレゴン大学でジャーナリズムを学び、卒業後はライターとして活動。その後2012年から斎藤隆、田沢純一、上原浩治の通訳を担当した(撮影/写真部・片山菜緒子)
拡大写真

松本重誠/まつもと・しげなり 1975年...

「もうちょっとやりたかったなと、そういう思いです」

 日米通算134勝128セーブ104ホールド。「トリプル100」という前人未到の記録を打ち立てた上原浩治(44)は5月、涙の引退会見で、自らの野球人生にピリオドを打った。

【写真】イチローが「本当の天才」と言った男とは?

 そんな会見の様子を、複雑な心境で見ていた人がいる。

「上原選手らしい会見でした。ただ、まだやれると思っていたので寂しいですね」

 そう語るのは、上原のレッドソックス・カブス時代の通訳を担当し、現在は海外研修の支援などをするアレックスソリューションズの松本重誠さん(44)だ。

 アメリカへ渡った上原を5年間支えた松本さんが、当時の思いを語ってくれた。

*  *  *
 松本さんは2012年、当時ダイヤモンドバックスに所属していた斎藤隆の担当として、通訳のキャリアをスタートさせた。しかし、けがなどの影響で斎藤はこの年限りで日本へ帰国。そんな時、当時日本人選手のマネジメントを担っていた会社から、「レッドソックスの田沢純一選手の通訳をやってくれないか」と声がかかった。すると同年、偶然にもレッドソックスに上原が加入。松本さんは2人の担当になった。

「上原選手が巨人にいた時、私はアメリカにいたのですが、偉大な選手だということは知っていました。彼を初めて生で見たのは06年のWBC準決勝で、アメリカ・サンディエゴでの韓国戦でした。スタンドでみて、『すごい選手だな』と思いました。まさかそんな人の通訳になれるなんて思ってもいませんでした」

 13年のキャンプイン初日、松本さんは上原と初めて対面した。その時のことは今でも鮮明に覚えている。

「とにかく緊張しました。あいさつすると、上原選手は『タメなんやからタメ口でええやろ』ってフランクに話してくれて。最初は違和感がありましたが、少しずつ慣れて、私は彼のことを『浩治』、彼は私のことを『CJ』(「しげなり」の「しげ」と発音が似ていることから。アメリカでは呼びやすいニックネームを自ら付ける人が多い)と呼び合うようになりました」

続きを読む

次ページ>

通訳にも優勝ボーナス!驚きの金額とは…?

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック